忍者ブログ

越前平泉寺 

養老元年(717年)、平泉寺は、白山の開祖、泰澄大師の手によって創建された。以降、平泉寺は白山信仰の修験場として栄え、聖俗両界に影響を及ぼす、北陸屈指の大寺院となる。戦国時代、平泉寺は社領9万石、僧兵8千余を有していたと云われており、戦国大名に匹敵するほどの勢力を誇っていた。谷々には数多くの建物が軒を連ね、寺内には48の神社、36の御堂、6千軒の坊院(僧侶の家屋)があったとされている。


朝倉氏が勃興して越前の支配者となると、平泉寺もそれに従った。朝倉義景の代となり、近江に出兵するようになると、平泉寺も援兵を出している。天正元年(1573年)8月、義景は信長に大敗すると、従兄弟の朝倉景鏡と平泉寺の武力を頼って越前大野まで落ち延びて行くが、ここで景鏡の裏切りにあって無念の自刃を遂げた。そして、越前が信長の手に落ちると、平泉寺と景鏡はこれに忠節を誓った。しかし、翌天正2年(1574年)1月、越前に一向一揆が起こると平泉寺に暗雲が垂れ込み始める。


越前全土に一向一揆の嵐が吹き荒れると、朝倉景鏡は身の危険を感じて平泉寺へと逃れた。そして、これが引き金となって一向一揆と平泉寺との合戦が始まる事となる。まず一揆軍は、平泉寺とは目と鼻の先にある村岡山に砦を築き始めた。これに危機感を覚えた平泉寺は、主力を差し向けて攻撃したが、一揆勢の激しい抵抗に遭って攻めあぐねる。そして、この主力が出払っている隙に、一揆軍の別働隊が平泉寺へと向かっていた。


一揆軍は間道を伝って平泉寺の背後に出ると、一気に寺内に乱入した。突然の敵襲を受けて逃げ惑う人々を一揆軍は斬殺してゆき、壮大な伽藍にも火がかけられ、高僧達は経を唱えながら炎に飲まれていったと云う。朝倉景鏡もここに至って最後を悟り、僅か三騎で一揆軍に斬り込んでいって討死を遂げた。多くの人々が住む一大宗教都市であった平泉寺は業火に包まれ、全ては灰と化した。その後、平泉寺は、豊臣秀吉と越前松平氏の手によって復興されたが、往年の大寺院の姿を取り戻す事は出来なかった。明治の世を迎えると、信仏分離令により、平泉寺は仏教色を取り除いた白山神社となって今に至る。


現在、白山神社は小さな社であるが、その周辺の山林には手付かずの遺構、遺物が数多く眠っている。近年の発掘作業によれば、青磁製の皿に茶碗、青磁製の燭台、鎧の断片、銅銭、硯、風炉、行火などが見つかっている。これらの出土品は、僧侶達が豊かな生活をしていた証であった。さらに僧坊跡から見つかった中国、景徳鎮産の青白磁観音像は、極めて希少価値が高い物であり、この事は平泉寺が相当な財力を持っていた事を窺わせている。



heisennzi6.jpg









↑平泉寺参道

この平泉寺こと白山神社は、福井県勝山市にあります。ここは山間の広大な敷地に小さな社がたたずむ、緑豊かで静かな神社でありました。現在、福井県で最も有名な寺は、永平寺だと思いますが、もし、この平泉寺が往時のまま残されていたなら、県下1の名刹として大いに賑わっていた事でしょう。しかし、現在では規模の大きな石垣跡だけが往時を偲ばせるばかりで、訪れる人も少ないようです。


heisennzi1.jpg









↑御手洗池(みたらしいけ)

この御手洗池で、泰澄大師は白山の神の信託を受け、神を祭る社を建てる事を決したそうです。池の近くには、石組みが残り、建物が建てられていた形跡がありました。かつてはこの池のほとりで、僧侶達が祈りを捧げていたのでしょうか。


heisenzi2.jpg









↑杉並木と緑の苔

静かで厳かな雰囲気が漂っていました。この平泉寺は苔の寺としても有名です。


heisennzi5.jpg









↑平泉寺のかつての姿



heisennzi3.jpg









↑草むした石畳の道

かつては左右に建物が立ち並んでおり、大勢の人々の往来があったのでしょう。文治3年(1187年)、源義経が兄、頼朝の手から逃れて奥州に向かう途中、この平泉寺に立ち寄ったと伝えられています。


heisennzi4.jpg









↑発掘作業現場

平泉寺の発掘作業は現在でも進められており、何時の日か、その全貌が明らかとなるでしょう。

この日は10月初めだったにも関わらず、まだかすかにセミの音が響いていました。



PR

Comment

TITLE:
NAME:
MAIL:
URL:
COLOR:
EMOJI: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
Password: ※1
Secret:  管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
 プロフィール 
重家 
HN:
重家
性別:
男性
趣味:
史跡巡り・城巡り・ゲーム
自己紹介:
歴史好きの男です。
このブログでは主に戦国時代・第二次大戦に関しての記事を書き綴っています。
 カウンター 
 アクセス解析 
 GoogieAdSense 
▼ ブログ内検索
▼ 無断転載禁止
▼ カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
▼ 最新CM
[07/28 情報漏洩]
[06/16 田宮]
[05/25 重家]
[09/14 (名前なし)]
[05/14 重家]
▼ 最新TB
▼ バーコード
▼ ブログランキング
応援して頂くと励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログへ
▼ Amazon