忍者ブログ
選択したカテゴリの記事一覧

[PR]

2020.06.01 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

宇喜多直家の就職活動

2010.02.06 - お笑い歴史街道
 宇喜多直家(1529年~1581年)

宇喜多直家は謀略、謀殺を駆使して成り上がった戦国屈指の梟雄とされている。直家は備前の戦国大名、浦上宗景に仕える一家臣に過ぎなかったが、並外れた野心と才覚によって頭角を現していった。直家に狙われた者は、次々に謀殺されていった。彼の娘を娶って油断していた時に突如として謀殺されたり、または毒を盛られたり、刺客を送り込まれたりとその手段は様々であった。直家は力を付けてくると、主君、浦上宗景も追放して戦国大名にまで登り詰める。直家は戦国大名となっても、反復常ならない外交姿勢を取って、毛利家や織田家をも翻弄した。


その直家が現在に生まれたとして、就職活動をすると仮定してみた。




面接官 「初めまして直家さん、自己アピールをして頂けますか?」

           / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)     
          |     (__人__)    どうぞ
             |     ` ⌒´ノ   
              |         }    
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::




直家 「私は貴社の業績を上げる、最良の方法を知っています。」
       ____
    /      \          
   /  ─    ─\       
 /    ,(●) (●)、\       フフフ
 |       (__人__)    |    
 \     ` ⌒´   /      
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||




面接官 「それは是非とも聞かせて頂きたいですね!」

            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●) 
          |     (__人__)    
             |     ` ⌒´ノ      ほう!
              |         }    
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::




直家 「な~に簡単ですよ。ライバル会社のお偉いさんを殺っちゃえばいいんです。そうすれば、相手はガタガタになります。競争相手が減って楽になりますよ。」
         ___
       /::::::::::::::::\              
      /:::::─三三─\             
    /:::::::::(○)三(○):\             
   /::::::.:::::::::: (__人__) ::::::::\  /l   
   |::::::::::::::::::::::::::`::⌒´:::::::::::::::| //    フヒヒヒヒ
   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::///
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://
  /:::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::://
  |:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::://
  \::::::::: ̄ ̄ ̄( ̄/
   |`ー―‐、;_;_;_;/:::::::::




面接官 「な、なるほど・・・(こいつ、かなりやばいんじゃない?)」

            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \     
          |    ( ●)(●)     
          | u   (__人__)    
             |  u  ` ⌒´ノ    
              |         }     
              ヽ u      }       
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::




面接官 「と、ところで何か「資格」とかはお持ちですか?」

            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__)   
             |     ` ⌒´ノ    
              |         }
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::




直家 「ええ、「刺客」でしたら一杯持っていますよ。みんな腕が良くて、本当に頼りになります。」
       ____
    /      \
   /  ─    ─\
 /    ,(●) (●)、\     狙った獲物は逃しません
 |       (__人__)    |        
 \     ` ⌒´   /          
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||



面接官 「ほ、ほう、それは頼りになりますね・・・(こいつ暗殺組織のボスか?絶対やばい!)」

            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)    
          | u   (__人__)  
             |  u  ` ⌒´ノ   
              |         }     
              ヽ u      }       
            ヽ、.,__ __ノ           カタカタカタ・・・
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::




直家 「まあ、そう固くならないでください。こちらが緊張してしまいます。リラックスしてください。」
      
     / ̄ ̄ ̄\  
   / ―    ― \
  /  (⌒)  (⌒)  \  
 |     __´___     |    ニコニコ
 \     `ー'´    /     
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||




面接官 「す、すいませんね。風邪を引いたせいか震えが止まらないんですよ。な、直家さん、すぐに連絡を入れますので、自宅で待機して頂けますか?」

            / ̄ ̄\      
          /   _ノ  \     
          |    ( ●)(●)     
          | u   (__人__)  
             |  u  ` ⌒´ノ   
              |         }     
              ヽ u      }       
            ヽ、.,__ __ノ     カタカタカタ・・・
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::




直家 「ええ、分かりました。私の「殺る気」を信じてください!私は殺れば、出来る男なんです。良い返事をお待ちしております。

     / ̄ ̄ ̄\  
   / ―    ― \
  /  (⌒)  (⌒)  \    
 |     __´___     |   では、失礼致します
 \     `ー'´    /     
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.   
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||





直家は自宅に帰った。
そして、しばらく待っていると呼び鈴が鳴った。

ピンポ~ン


直家 「は~い!すぐに出まーす。もしかして採用担当者の方かな?採用されたら下克上して会社を乗っ取り、そして、世界一の暗殺組織に変えてやるぞ!」
        ___
      /      \     
   /          \     ワクワク
  /   ⌒   ⌒   \   夢が広がり~の♪
  |  /// (__人__) ///  |     
. (⌒)              (⌒)
./ i\            /i ヽ




刑事さん 「直家だな?警察の者だ。お前が暗殺組織のボスである事は分かっている。」 
 ┌───┐
 ||\_./||    
  .|.|_ _|.|     
  [^■:=:■^]       両手を出すんだ、直家
  | L。。」 |    
  \/⇔|/_  
 _⊿ 「 ̄/∠\_,
  | | |介⊿|  |  \ 
 | |./|/  |∧  |
  || // 「 ̄し',\|
  ||/ |警 |/\)
   | v /!|   | ./|
   \/   :L___.」 ̄ |



         ___
        / .u   \            
      /((○)) ((○))\                    ・・・
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)       ・・・
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //           ・・・
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /




           |  ハイハイ!
           |  どいてどいてぇ!!
           \_ _______/
              `(
          
              「 ̄ ̄了
              l h「¬丨
       / ̄ ̄\__,ト、Д/____
     /   / ̄Yi. /  jテ、      f ̄ヨ
    /   ./:::' / /  /.i l iー――‐u' ̄
   ./   /ー'' / /  / / l l
   i'  /   l ヽ../  レ'  l l
.  /  _/ \  !、 lヽ____」 l
.  !、/ \. \ \l      ト./
   ト、__\/ト、/ト、  y   l
   l    ̄(  )y )  /l   i
   l   l   Y''/ー'  / .l   l
   !、  l  l./   /  l   l
   /  /  l/   ,/  i'    l
  /_  ./l   l`ー‐〈   ト.__」
  L_``^yト._」、ー"   `ヽ_」
   `ー' `ヽ_」


直家は逮捕された。
PR

肥前の熊、参上!

2009.12.03 - お笑い歴史街道
戦国時代の九州、肥前の地にある龍造寺家は、土豪のような小さな存在であったが、龍造寺家兼(剛忠)の代になって、佐賀の地を拠点に急速に力を付けつつあった。家兼は知勇に優れ、野心に燃える武将であった。これまで、龍造寺家は小弐氏に仕える一家臣に過ぎなかったが、この家兼の時代に徐々に戦国大名への階梯を上りつつあった。


龍造寺家が勃興しつつあった頃、享禄2年(1529年)、龍造寺家に1人の男子が誕生した。この男子は、家兼の孫である周家と大方殿(慶誾尼)との間に生まれ、長法師丸と名づけられた。この長法師丸こそが、後に「肥前の熊」と恐れられる強豪、龍造寺隆信、その人であった。長法師丸は容貌魁偉、眼光炯炯であったと伝えられている。しかし、長法師丸は武将としての道は歩まず、7歳の折、家兼の三男、豪覚和尚のいる宝琳院に預けられ、円月と号した。


豪覚和尚 「周家殿、大方殿(慶誾尼)、このクマを必ずや、一人前の僧侶として育て上げて見せましょうぞ」

                 / ̄ ̄\
               / ─  ─\
               |  (●)(●) |
 .             . |.  (__人__) .|  お任せあれ
               |   ` ⌒´   }
              _rl.ヽ`     ////
..              /\\    ////゙l゙l
                ,.:く::::::::`:、\ 〉l゙:l  / !.|
.            /:.:.:.:\:.:.:.:.`:、ソ/:.:|    | |
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:У:.:;l   /./
.          /:.:.:.:.:.:.:.r'´`‐,`、:/.,.:‐{   | !`:、
           ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.';_,゚.,ノ.:./,:':.:.:.:',  | |`、:|
           !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙、:.::/:.:.:.:.:.:.ヽ, / ,!:.:`、



周囲の者達は、円月が仏の道に精進して、高僧になる事を望んでいた。
だが、寺での円月は、手の付けられない悪僧であったとも。



肥前のクマさん 「精進料理など、腹の足しにもならんクマー!シャケだー!シャケを持って来いクマーっ!!」
      , - 、
  .  Y Y´ \
     l  \  \      グビグビグビ!
      \  \  .>、      _
       \  `'´  .`;    ./ l       _
        \    /`ヽ  /, - ゝ-- .,_/ ヽ
         ` ー´ヾ__.人 ,/         丿
              l  lヽソ、-,(_●_ ) ●  i
                l  !/ヾ、 .! / /     ',    , -、
             l   l *ζ' /  *   ミ    /   j
            l.   ヽ.  '´      _ノ _/   ./
            l              ̄    ノ
             !            ____,. ´
               ;            ̄l
               l            l
              l            l




 豪覚和尚 「寺で酒を飲みおって、この馬鹿もんが!ほれ、本州のシャケを持ってきてやったぞ。」

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)   これ食って落ち着け、酒乱グマめ!
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄




肥前のクマさん 「バッキャローーー!!!シャケは蝦夷地の物に限るクマー!」

      オーリャー      ____ ─────         ―=ニ
                ___   _ - ──── - 、  ──
       ∩___∩        /:::::::ヾ           ヽ
       |       ヽ      /:::::::::::::::::::、           、
       /  >   < |     ,::::::::::::::::::::::::i            i
 三_  彡   (_ ●_) ミ  ̄ / |::::::::::::::::::::::::|            |
───   二  |∪|二 三 /  |:::::::::::::::::::::::::|            |
 __ =   三 二_  (_(__ !:::::::::::::::::::::::::!           i
      ────     二─  |:::::::::::::::::::::::|           ,
       |     ────    !::::::::::::::::::::/           /
       |  /\ \二二二   ヾ、_:::/          /
 ───  .| /  二二 )           ─ ------ ─ '
       ∪   (  \     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ────
             \_)      ドコーーーン!!!




 豪覚和尚 「手が付けられん。この馬鹿グマは・・・」

           / ̄ ̄ ̄ヽ
          /::::  |||||   ヽ
        /:::   __ノ::::::ゞ;;:)   ウウウ・・・
        /    ( ;:;:;:;ノ:::::<->
      /;:;:;:;;;:;  (_ _人 __)
    .///ヾ     .`┃ノ
   / /| ヽ/ / ∧ |
   / /_|  \/ / | |
  ヽ、//////)/  | |
   /  ̄ ̄ ノ   | |
____,/  )--- ヽ   ヽ つ




肥前のクマさん 「寺の生活は暇過ぎるクマー!やってやれんクマーーっ!!!」

 ___
(     ヽ∩___∩
  ̄ ̄\ | ノ      ヽ
      /  ●   ● |      アッシャーーー!!!
      |    ( _●_)  ミ
     彡、   |∪|  、` ‐- _
     /    .ヽノ   .)  \ \
    /      /   /  \|   |
   /     /    /   ヽ|   |
  /    _/     |    |  / |
    ∠//:::/::::::|:::l:i    /  / |
      |/;;;;/;;;;;;;/;;;|,,|   /  /  |
      //|/::::/|//  / /|  /|
    ./  // /    // / / .|
      /      /  // | /
                /  /




 豪覚和尚 「こ、これ、仏像で爪を研ぐでない!この罰当たりもんがー!」
                  .___
                 / ノ  .\   
                /  (●) ヽ、ヽ  やめるのじゃー!
               /   (⌒  (●)/
               /    ( ̄ヽ__)/∩m
.           /⌒ヽ(ふ.  ノ yノ/ (  ノ
            `ァー─⊇(_ノ´\_/ /
             /      /ヽ__/
           /       /
             /      /
          /      ⌒ヽ
      ___/  / ̄ ̄`)  ノ
     (__r___ノ     (.__つ




肥前のクマ 「うるせークマーーーっ!!!」

           / ̄ ̄ ̄\
 (● )o    /_ノ  ヽ ヽノ ̄ ̄`ヽ、―ニ
      ゚   _)_) (◎) / ´`ヽ _  三,:三ー三,:
         | (_人/⌒ } ノヽ--/ ̄ ,    `   ` ̄ ̄ ̄
     。  o 。/ (   }、ー‐し'ゝL _
         | (__ン   jr--‐‐'´}    ;ーー------
         |       ヾ---‐'ーr‐'"==
       .  ヽ      /
          ヽ    く     ゴスッ!
        γ⌒´     ⌒\




豪覚和尚 「だ、誰か、お願いだからこのクマを引き取って・・・」

          / ̄ ̄ ̄ヽ
          /::::  |||||   ヽ
        /:::   __ノ::::::ゞ;;:)   ウウウ・・・
        /    ( ;:;:;:;ノ:::::<->
      /;:;:;:;;;:;  (_ _人 __)
    .///ヾ     .`┃ノ
   / /| ヽ/ / ∧ |
   / /_|  \/ / | |
  ヽ、//////)/  | |
   /  ̄ ̄ ノ   | |
____,/  )--- ヽ   ヽ つ



ある日、寺で修行に励んでいた円月に、驚くべき知らせが舞い込んできた。それは、天文14年(1545年)1月22日に父、周家を初め、龍造寺一門の主だった者達が、主家、少弐氏によって悉く討たれたとの凶報であった。これは、少弐氏が、龍造寺一門が力を付けてきた事に恐れを抱いて、老臣の馬場頼周と共謀しての事であった。一族の重鎮、家兼は筑後へと逃れた。


だが、家兼は3ヶ月と経たずに逆襲に転じた。92歳の家兼は闘志を燃やし、鍋島清久、清房父子の協力と、筑後の蒲池鑑盛の支援を受けて佐賀の地に舞い戻ると、見事、馬場頼周を討ち取って、一族の無念を晴らしたのだった。


だが、翌天文15年(1546年)、精魂尽き果てた家兼は病に倒れた。
家兼は、自分亡き後の龍造寺家の行く末を案じる。そして、寺に入っていた円月に龍造寺家を託そうと考えた。住職が手が付けられないと嘆く、その悪法師振りはかえって頼もしくさえ思えた。家兼は、円月に戦国武将としての資質を見出していた。臨終間際、家兼は、「円月を還俗させよ」ともらした。家兼は当時としては異例の高齢、93歳で波乱の生涯を閉じた。そして、家兼が最後に残したこの一言が、後の九州の戦国絵図を、大きく塗り替える事になる。


18歳だった円月は還俗して、胤信と名乗り、水ヶ江龍造寺家を継いだ。
こうして、肥前の熊は、戦国の世に出る事となった。


肥前のクマさん 「和尚、今まで世話になったクマー。これは、せめてものお礼クマー」

   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● |        蜂の子だ。美味いから食ってみろクマー
  |    ( _●_)  ミ__∩    
 彡、   |∪|  、`___三)          
 / __  ヽノ /´
(___)   /
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)

          __     
       /・・・・・\   
      / ・・・・・・・・・ヽ  ポンッ
      { ・・・・・・・・・ }
       \ ・・・・・・・/
         `ー一'´



 豪覚和尚 「馬鹿もん!スズメバチの巣など持って来るなあああ!!!」

          ___
          /::::::::::::::\      ブワーーーーン!
       /::::::::::::::::::::::::\
        |:::::─三三─::::::|         :∴: :;. ;. .: :`:: ∵:゛
       | ( ○)三(○)|    :゛;∴゛` ;`: :゛;:`´..;.∴;.`:':
       |::::::::::::(__人__):::|  ゛;.゛;. ; :″:: :゛;. :∵゛ ;. :'-、
        |:::::::::::::|r┬-|' ;`∵: ;`;.:`´..; ` ;.゛;.: ::゛;.゛;.
        |:::::::::::;::`ー;:: :゛;.・:゛∴;.゛;.: ::゛;.″:: :゛;∵゛ ;
        \::::::::::::::::::∵∴゛;.゛;.:: `;  :; `,  ・
        >::::::::::::::::::<∴;.゛;.: ::゛;.″:: :゛;∵
       /::::::::::::::::::::::::\   
       |:::::::::::::::::::::::::::::::::| 
   
       うぎゃああああああ!!!



 豪覚和尚 「もうやだ、このクマ・・・二度と見たくない・・・」

          / ̄ ̄ ̄ヽ
          /::::  |||||   ヽ
        /:::   __ノ::::::ゞ;;:)   ウウウ・・・
        /    ( ;:;:;:;ノ:::::<->
      /;:;:;:;;;:;  (_ _人 __)
    .///ヾ     .`┃ノ
   / /| ヽ/ / ∧ |
   / /_|  \/ / | |
  ヽ、//////)/  | |
   /  ̄ ̄ ノ   | |
____,/  )--- ヽ   ヽ つ




天文19年(1550年)7月19日、胤信は隆信と改名する。

この後、隆信は様々な試練を乗り越えながら、九州を代表する大武将へと成長してゆく。


              __
            ┌┤  |
           〈 U∃   |
   ∩___∩  | └┤  |
   | ノ      ヽ !   i ̄ ̄
  /  ●   ● |  /      クマの門出を祝って乾杯────!!
  |    ( _●_)  ミ/
 彡、   |∪|  /
/ __  ヽノ /
(___)   /




          _ ,-、  _       ,ヘ   イェーーーイ!
         / `i .ノ / ヽ     /.  i
       _人_.ノ/  | _,,ゝ-──- ,,_ ヽ、
     /    ll    ,|ノ          ヽ  〈〈〈〈 ヽ
    /      |!、  i           ●   ヽ  〈⊃  }
  /      ./ ヽ./ ● (_●_ )    * ミノ`   , ;
./      /i    { *  ヽ  lヽ、__.  j´    j
!.      /  l.  彡、      ヽj`ー、_ `ー、   /
ヽ、   /     !    ヽ          `ー-'

          シャケだー!シャケを持ってこーい!

前田慶次のイタズラ 其の二

2009.07.11 - お笑い歴史街道


ある日、慶次は利家にイタズラをしようと、寝所に忍び込んだ。



(慶次)  ((((((~ ´∀`)~コソコソ…



(利家)  Zzz ( ̄~ ̄) ムニャムニャ  (まつ) ( u _ u ) スヤスヤ。o◯




 |
 |⌒彡  叔父貴は寝てるな・・・
 |冫、)  よ~し
 |` /
 | /
 |/


             

(慶次) 叔父貴よ、おまつ殿が惚れ直すような良い男にしてやるからな

      ____
     /⌒  ⌒\     
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  シシシシシシシシッ
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /
       ̄ ̄ ̄



翌日早朝・・・



(まつ) 殿、おはようございます。朝でございますよ


       /.::::/:::.:.:.:.:;'.:.:.:.:.:i.:::::::!:::::::!:::::i:::::::::.ヽ
.        ,′.:.!.:.:i.:.:!.:i.:.:i::::::!::::::::i:::::::i::::::!:i:::!::::::.
       i:::.:.:.i:::::i::::!::!:::ハ:::i|:i::::::|::::::ハ::::i::i:::!::::::!
        !::::::::i:::::i:::」⊥ニ、 ´ ̄`ニ⊥」::」_|:::!:::::i
.       i:::::::::i:::::!´ ..ニニ     r 二.` i::i::::::|
.        i:::::::::!::::i〃r'::::ソ`      r':::::ソヾ!:j::::::|
      i:::::::::|:::::| `゙´         `゙゙   j::i::::::|
       i:::::::::i::::::!         '       ,':::l::::::|
        i::::j::::i::::∧      __      ∧::j::::::|
.      i::::!::::!::::!:::丶.   `ニ´    .イ:::i::i:::::::i
.       i::::i:::::!::::i:::::::::`ト .     ..イ:::::i::::i::i:::::::i
       ;:::::i:::::!::::i:::::::::::j  ` ‐ ´ |:::i::::::i::::i::i:::::::i
      ,':::::i:::::i:::::i:::::/({        }、:!:::::j::::i::i:::::::i
.    ,'.::::::i:::::i::::::!:/  ヽ      ノハ::::::i:::::i::!::::::i
.    ,'.::::::ノ:::ノ!:::::!'    \   〃' !`ヽi:::::i:::::::!






(利家) おお、そうか。おまつ、おはよう


                     ,r‐ 、
                        l   l
                     l   l
                       l     l
                    l     !
                     l    l
                        l     l
                    l       !
                , -=7      にー-、、_
              ,ィ"ニr三l        !≧三三ミミ==、、
           ,:r''"´彡ア==l      l三三彡シ"^`ヾミヽ、
          ,ィ"シィ'彡'"r≦ニ!      l三彡'"     ヽミミヽ
        ,r'´彡彡イ,=''""~´l         !         いヾ`ヽ
       ノリ'´,rシ ノ,r'´    ,l       l          ゙t,いヽ:ヽ
      ,f´ムィツ=‐''"   _,,,:.:.:l          l  ,.,.,_        ヾミミlYl   
     ノリfrシ'"_,,ェ=三==、:.:.リ  _,_ ;l;lリ __ ヒ'":.:.:.:.:.:.:,二ニミー-、ヾリl h   
    /N/' ,ィ7,:r'´ (_・ノ `丶/ ,ィ;;;;;l l;;, f;;;;ヽ.ヽ,r ''"´  (_・_)`ヽミi, Vl
    ,{リツ /,Z/ , :-==三ニ/ /;{__};;l l l;;f^_}ヽY_,,.z ===ュ、、 . :ヾt, ゙il   
   f川リ/ //イ''"       { (;;;_;;;;ノ,、,、ヾ:;;;;;;ノ )`''ー     `゙ヽ、:;ゞ, lti
   ljソリ ,ノ'´       ,,.ゝ-、   ''゙ ゙''   _,人ミ、、       `ヾ{、∨{  
   l,jノ         ,,ィ::: ''"^ ヾ.土卅土ナ´   ``'         ヾミtリ}  
   !'′            , - 、`,゙;;ー-_''_,, -‐、            `ヾl!
   l     ,rェ''     , :'":┬- :、`二´, ィ:―rミ`丶、    zュ、、   ゙il
   l,    f´    _,, ィ"ニj、_ノー┴―'^'―'ー 'ヽ_ノゝ>-z三テ;;イト,    l
    l   トミニ二Z,r‐ア-r―v‐''‐y'"~`l'"^`Y^ヽr'^ヽ,.ユ二フ,r''" //'     ,!
    'i,   トぃ   `~゙゙゙` '―'^'―'^'―┴─┴─'=''"~´ ̄´   〃    /
    l,   ヾヽ  `丶、,,_                ,, ノ    /    ノ







(まつ) ぎゃああああああああ!!!!


                l、        __
             __| V   ,. ::´:::::::::::::::`'""' 、
             \     / ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             <    /:::::,.ィ:::::,ィ:::::::::::::::/:::::::::::::::゙ .
                  /  /フ:::::,ムヘ/'/lム!:ム!:/        i
                 '一 7  /://!rミ' r;ニ、ヾ/::. . . :/../  .!
                 /:/::/= ゙_′ ヽ ' イ::::::::::::/::/::::::::’
               r 、  ./:/::::i"´  `ヽ=/::::::::::,::':::/::::/::;′
         ⊂ニ,  ̄` ヽ/:::,.-',ニ、 _    /::::::::/::::/::::/::/
          ./,ィ    `</ ‐、)、、``/:::::/―r'゙一' ̄
         `´/,r r-ヘ  ヾヽ こ)J´フ;:-r'‐'" ̄ 乙、
         `'‐' /Y^、  i ゙'く ∠'"r/  ´ ̄  (´
           / r'"!  > ′ lトvーv'"´ ̄ ̄ ヽ ノ`
           /l!   V /   ,/ i i     / /




 

(まつ) 妖怪いやあああああああぁぁぁ!!!


\\
 \\\   @@
   `、⌒`ヽ.@_、_@
    \ ヽヽ( ,_ノ`)@
     {!!!J`、`Y"  ⌒\
      i. 、∩¥ ▲ノ/ /   ガスガスガス!
      (  | |∧_∧!!!}
  /\丿 | (    )    ま、待て落ち着け!おまつ~
  (___へ_ノ ゝ__ノ    





(まつ) 怖いいいいぃぃぃ!!!

         @@@  
         @# _、_@
         ,r'' (#  ノ`)⌒ヽ キリキリキリキリ
        | .|   ^ i⌒i ゝ 〉
 .        〈___⌒ ̄ミ ミ__ノ
    .     | ̄` |  |、__
       ,,-‐(   |  |   `ヽ
     __ /____〉  |  |⌒f  ノ
  n/´__ .「 _  ノ ノヽ〈 /    ぎゃあああああ
  'ー-'´ / |_ノ(    )i く_ ヽ,
     j  ,ノ ∨ ̄∨ |  |. ̄
   / /   ’';・.  | . |
  <  く           〈_____)
   ヽ__)




(まつ) 恐ろしやあぁぁぁあ!近寄らないでえええぇぇ!!!

_, -=''"" ̄ ̄""=-―,.、
  _,=、            ̄=.、
   彡             "" - ,   ドガアッ!!!
    >                ヽ
   :"  .__=__  ̄=.、   \
  /  彡⌒  | |@@@=--,、    ヽ       .'  , .. ∧_∧ 
  /彡" /~ニ | @# _、_@  "ヽ     ヽ    .∴ '     (    )
 /   ( /_/  |(#  ノ`)     \   ミ     ・,‘ r⌒>  _/ / 
     ヽ ミ  .|ヽ,- ^ ⌒ヽ. ,_   ミ   ,i      ’| y'⌒   ⌒i
       ̄| ミ   ノ|ヽ Y|三)  ヽ  .|       |  /  ノ |
       |  |   / \_ノ    |ミ  ij       , ー'  /´ヾ_ノ
       ヽ ヽ  |         |  |i       / ,  ノ
        "ー、  |        |   ノ     / / /
           ヽ ヽ      ノ / /     / / ,'
            ヽ ヽ    // /   /   /|  |
            /   )    / /    !、_/ /   〉
           / /    /           |__/
          |  |
          \_|




(利家) おまつよ・・・そなたの方が恐ろしいぞよ・・・

⊂⌒~⊃。Д。)⊃  ピクピク・・・・




(おまつ) C= C= C=C= C= C= (((((( *≧∇)ノノノ お助け~




     
(慶次)  叔父貴よ、痴話喧嘩はほどほどになされよ!見ているこっちが恥ずかしゅうござる


         ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/ あーひゃっひゃっひゃ
|     ノ     | |  |   \  /  )  /   あーひゃっひゃっひゃひゃ
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /        アーーーーッ!
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l  バンバンバン!
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))






(利家) 慶次いいいいぃぃぃ!貴様の仕業かあああああ!!! 



    
             _,,,..--―‐''"" ̄_, -‐ '  ̄
       _,,,..-‐'' ̄    _,..-‐'' ̄
  ___,,..-‐'' ̄     _,..-‐'' ̄
 .7      _,.-‐' ̄
  ゙i     、,r'`
7''゛:::.   ‘,.\
\:::::::.    ` ,.\           __    
  \:::::::.   ,,r'\\       . / ‐ニ三 、  首を刎ねてやるう~
   \:::::. i    \\      /   _ノ三ヽ、  ふしゅるるるる
     \::::(,    \\.   |   ( ⑪)Ξ(⑪)
        ̄     .\\  i     (__人__)
               .\\ i     ` ⌒ソ
                .\\|         }
                 (_ ツi       . ノ
                  .\i     ,r'
                    r'   .く\
                  /     \\
                . ,r'  .    ノ\_二⌒)
    


             
(利家) 死いいいねぇえええええ!!!
     
                                  ゙i\
                                  ゙i (,
                                  i  ゙i
                                  i|  i,
                                   i|  ',
                                  i|   |i
          / ̄ ̄\                   i|.   |i
        /     \\                 ,.i.    |
        |       (●)               ,.i     ゝ
       . |       (___ノ             ゝ      |i.
         |        ´ノ             , '       |i.
       .  |         }            /       |i.
         、-―゙―゙゙ ̄\          , '        |i.
        /          \   ,, ,. ,., ' , '         |i.
      /             \  `゙ィ/         |i
      |        /´\    , ,. ,. /`        ,.|i
      |       、ト ゙)  \ ゙ィ/`, ' `       ゝ
                    ` , ' /ミ   .,  /
                    , ' ` ,.  , ' /, ' ;`
                    , '  /

             ジャキーーーン!!!





(慶次) 脇が甘い!!!

                 /⌒\
                /      \
                /  人    \
               / / |      ⌒ヽ、
              /__)  入        \
             (__/ / ヽ、        \______
             / /   /            ____つ
            / / ( \/ /     .,ー、   \
           /__)   ヽ、__ ノ|      |ーiー|  ::::: |
          (__/        \ ::::_( ̄γ ̄)_/
                       \ ( ●)  ( ●)
         //             \_ / \/
         /                    ̄ ̄ ̄
       〃
    、ハ/|,,、  とおおおおおおっ








(慶次) 叔父貴よ、さいなら~ お尻ペンペーン!

         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))
  /∠ |     |r┬-|    |_ゝ\
  (___     `ー'´   ____ )
       |        /
       |       /
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......




 

(利家) 呪ってやる!呪ってやるぞおおおおお!!!

       /:\              /:\            
      /::::  \            /:::::: \.          
      l::::::   \          ,ノ::::::   \         
      |:::::::::    \ .__,,,,―--ー‐´       \.        
..     |:::::::::::::::::..                   \        
     |:::: .     ;,     ,,ヾ,,,. ;;' ,,.r.:,==、-、.  ヽ..       
    /         ,,.;;;;;;;;;  ;人; ;: ,;l.:.:.{ * .} );,  ヽ      
    /       ,.;;-'ニニヾ;;、:;ヽ;;  ヽ, ゙ヽ,:.:`--'.,..//゙   ゙、    
   .!     ゙ ;>'",..--、  ゙i;, l;;゙;::i:;)   ヽ`'ヽ`゙"゙ヽ;::゙i,    l    
   |     / /.:.{ * } ,./,.;:,,,;;;;;;;:;:;:;:;;;/;;゙ ,.-、;;;; : ヾ;;;゙i,.  ゙i
   |    i |::.:::.:`--'シノ-‐''"´ _,..,へ (⌒-〉;!:,;;;;;,.. ゙i;;;:!  l
    .!:,:,: ;;;;:;,l ;;:゙`-==' ,ィ"..   i:(⌒`-‐'" _,.-'",,._ ヽ,ヽ;:゙:..  |
    l;';';';:;;;;;;:;:..   |;;:l,. ,. ,. ,:;/ `_,,,..--‐''"´ _,..,へ ヾ-〉;!:,:.:.!\
     ゙!;;;;::;;;;;;;;;:;:;::;;:;:l;;;:!;;:;:;:;:;/  / ,,;____,,...-''i"  l_,.-‐! ||;:;::;,' \ 
      ゙、;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;:l;;:!;;;:::;/  / ,,;/`i  l  ゙!,..-'゙'iY゙i, ゙!;;;;;/.   \
        ゙、;;;,. ゙'';;;;;;;;,. ゙、;;゙!;: l  ,' ;ノ、_ノー‐'^`''"  ,..ィ' l`'l .!;;/     \ 
        |ヽ:,:,:,:;;;;;;;;;,. l;;;゙i |i_/∠i゙i'"゙i‐┬‐┬'''i"_,ノ"/ .//       \ 
      ,/:::::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;,,`'";ヽ`ヽ, `ヽlヽ~-^ー'^,.-'" .//         \
    _ノ::::::::::::\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ, ゙''ー-‐''"   //
   ,/:::::::::::::::::.  ゙ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、__,...-‐'",./
  ,ノ:::::::::::::::::.     ゙''-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,...-'"
/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.

               ぐやじいいいいいいい

前田慶次のイタズラ 其の一

2009.07.11 - お笑い歴史街道

前田慶次(利益)(生年1533年?1541年?~没年1612年?)

前田慶次は戦国随一の傾奇者であったとされている。慶次は前田利家の長兄、利久の義理の息子であった。そのため、利家とも義理の叔父と甥の関係となる。詳細はほとんど分からない人物であるが、大のイタズラ好きであり、利家もその被害を受けたとか。



慶次 「叔父貴よ、日頃お世話になっているので、今日は差し入れにウナギを持ってきたでござる」


                   n
                   l^l.| | /)
                   | U レ'//)
      ___      ノ    /
    / ⌒  ⌒\  rニ     |
   / (⌒)  (⌒)\  ヽ   /
 /   ///(__人__)///\ / `   /
 |       `Y⌒y'´    |   /
 \.       ゙ー ′  ,/  /
  /⌒ヽ   ー‐   ィ  /
  / rー'ゝ        /
 /,ノヾ ,>         イ
 | ヽ〆          |

 



 

利家 「おお慶次よ、気が利くではないか!」

      __    
    / ~\   
  / ノ  (●)\   うむうむ
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \
  \          |
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|

 

 

 

慶次 「拙者が今日取ってきたばかりのウナギでござる」


              ___
            / ⌒  ⌒\
           / (⌒)  (⌒)\    どうぞ、お召し上がりくだされ
         /   ///(__人__)///\
          |        `Y─┴──┴──┐
           \,,.     |             |
           /⌒ヽ(^う  うな重     |
            `ァー─イ.             |
           /     |_______________|
             /      /
          /      ⌒ヽ
      ___/  / ̄ ̄`)  ノ
     (__r___ノ     (.__つ

 





利家 「では、早速頂こうではないか」
 

                  / ̄ ̄\
                / _ノ  .ヽ、\
                |  (●)(●) |
.                |  (__人__) .|   どれどれ
                 |   ` ⌒´  ノ
.           r─一'´ ̄`<ヽ      }
.          `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、
           ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ).
.            /, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、
           (/ / // / / ...|      ...|\..\\ \_)
             / // / /         . . \_\_)、_)
            ー' {_/ノ              ."´

 

 

 

利家 「大蛇あああああああああ!!!」

         ,   -z―─―-  、
       ,  ' ´弌孑y ´' zk  三ニ`丶、
     , '   ...::::::::::::::::::::::::::::::::.... ≠ニ三丶、
   /z'' ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... ー ニ三\____
  /y' .:::::::::≠:::::::::::::::::::::, - ─ - 、  ー≠ニ三三三`丶、
. /≠' .::::::::ニ=::::::::::::::, '           \       ''''ニ三 n
/    .z::::=三:::::::::/                \  /  ̄ ` ー 、 `\
  ≠=:::::ー=    /              / /((○)) ((○)、三)
  z   三  '''' ,'                  ,' /  '⌒(__人__)⌒‘ゝ'  ウギャーー!!!
  ニ ー=, z≠!               V   |   |r┬-|    |
 ー' 三ニ ,kz'!                  |  | |  |  /
  ,ィk =ニ=  ,z|                  ノ     | |  |  \
    ≠三 ¨  ',               /´      `ー'´    ヽ

 

 

 

慶次 「おおーっと!ウナギだと思っていたらアオダイショウでござったか。こりゃ失敬」

                       ____
                      /_ノ  ヽ、_\        あーっひゃっひゃっひゃwwww
                    o゚((●)) ((●))゚o          wwwwwwwwwwwwwwww
                   /::::::⌒(__人__)⌒::::: \             wwwwwwwwwwwwwww
            (⌒)     |     |r┬-|     |    (⌒)
        ,┌、-、!.~〈     |     | |  |     |    ノ ~.レ-r┐、
         | | | |  __ヽ、   |     | |  |     |   ノ__  | | | |
        レレ'、ノ‐´   ̄〉. \      `ー'´     ./ 〈 ̄.  `-Lλ_レ
         `ー---‐一' ̄                   ̄`ー‐---‐‐´

 

 

 

利家 「きっ様ああああああ!許さんぞおおおお!!!」

            ___
        / ノ_ ヽ,,\
     / ≦゚≧ミ:≦゚≧     蜂の巣にしてくれるわ!!!
      | ⌒(__人__) |
      |    |r┬| .}
      |   ` | | | }
      |    `ニニ }
     /ー-.l`‐-‐< ̄``ヽ           ((  ドパパパパパン!
    (   ⌒⌒ ̄ ̄`r:ュ〈            ))
     `|  _r'゚lニニニl]_ ____/l       ソ)                   
fニニニニllニニ|  \[ l===ニニl]}||||||||ll]}コl|====iニコノソ - - - ー-ー ー  -  -   -
|l_,,=-'''~  | \... ヽ'''ニ「_,,,l⌒l。__。_]三i           
      | 〈,,/ヽ___)|ll [`ー' ̄

 

 
 




慶次 「叔父貴の腕では、下手な鉄砲数撃っても当たらぬでござる~」

    ___
  /ー  ー \     /'⌒ヽ   ふんふんふーん♪
 (● ) (● ) \ ./   ヘ  ヽ
/ (__人__)       \   /  ヽ  ヽ_
|   `⌒ ´         |  |    \___〉
ヽ   /⌒i     /.  │
 \/.  ,r'._ ,,r'⌒ \   |
 /   //ー\|    \  .|   __
i   ^ /.   (,        ,|  | ,r'゛
ゝ、__,〆  .    ヽ    i.._、,r' ヽ,/ |
           \.   |\  ゙i |
            \  ヽ \._、,/
              \ ゙ヽ
                ヽ ^ゝ   ダダッ!
                 \_|

 

 
 

利家 「こんの糞馬鹿があああああああああ!!!」

               , - ─ - 、
            .,、-'´     L;;;ヾヽ、
           /;;;;;r'     rー _,ヾ;!. \
          ./L;;;;i    ;i ;!i ヾー、゙! ____ ヽ
         /   i;;i  _} ノ;ノく;;. {;l; ,j. { *.} `! ヽ
         .!   i;;i,、=_‐''ヽヾ;ヽ \ヽ;==く;:〈 ゙、  ぐぬぬぬぬぬぬうう
         |    7/ {.*.} _/ノi;;(   ヽ \ ヾ;;、 ゙i,
         |   | L、-゙=シ  ,|;;;:.   ヽ \ヾ;、 l
         |    `゙'i;;;:i    、     _,'、_, );!じ' |
         .! ,: ;;,   i;;;:i    弋_,._ノ_,ノ゙\;;;:.. !
          ゙i;;:;;;;;:;,.,.,..i;;:i,.,.,,;;/ r─‐''''"_,.ィヾー》;:.|
          ゙、;;;; ;;;;;;;;;゙i;i;;;;;;/ / ,r'i'''T´゙L、-ク:| |;;;;;|
            ヽ;i ヾ;;;::゙i;゙i;:| ,j /ヾー^"__,.-rj;ツ };;;j
            \;;;;;;;;;ヾ'ヽ<ヽj´|´゙! _j=' ./;;/
             \;;;;;;;;;;;;;;;;;;\`゙''"´_,、-'゙;;;;;/
                ゙ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;`゙"_,,、-'´/
                    /⌒      ヽ | || |  |
              :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i
             :: (「    `rノ ::      \   ||i  \
              :: ヽ   ノ ::          \       \
         ガタッ!  |   | r         「\   \       \
                |   | |       ノ  \   \__   \
                ヽ_ノ       /||| l   \_,       `ヽ   \
              || i  /         | ||| |    (_つ ̄と_ノ)    \
              || ||  |         | ||| |                    \

信長のおもてなし

2009.04.24 - お笑い歴史街道

織田家臣、明智光秀・羽柴秀吉の2人が、信長の居城に呼び出された。両者とも織田家中で一、二を争う出世頭である。


信長 「今日は、織田家で最も働いている、主らの労をねぎらってやろうと思うて、呼び出したのじゃ」
(´ー`)y─┛~~





光秀・秀吉 「ハハーッ、何という有り難き仰せ、恐悦至極に存じまする」
m(_ _)m m(_ _)m





信長 「今日はわし自らが茶を点じて、主らをもてなしてやろうぞ」
( ´∀`)ヵヵヵ





光秀・秀吉 「何と、殿自らが我らをもてなしてくださるとは!我らはなんという果報者でござろうか!」
ヽ(´▽`)ノワーイ ヽ(´▽`)ノワーイ





信長 「この茶はわし特製での。南蛮人から手に入れた胡椒(こしょう)という珍しい舶来品をたっぷり入れてある。さらに主らに精を付けてもらおうと思うてニンニクをこれでもか!と言わんばかりに加えてあるのじゃ」

 

                       _ ノ
                ( (   (. )
     ~~       . -‐ ) ‐- .
               .´,.::::;;:... . . _  `.   ~~
              i ヾ<:;_   _,.ン |    プゥ~ン
     ~~         l      ̄...:;:彡!
     プゥ~ン        }  . . ...::::;:;;;;;彡{  
                  i   . . ...:::;;;;;彡!
              }   . .....:::;::;:;;;;彡{    ~~ 
                  !,    . .:.::;:;;;彡j:::::::::::::::.......
                 ト ,  . ..,:;:;:=:彳:::::::::::::::::::::::::::..
               ヽ、.. ....::::;;;ジ.::::::::::::::::::::::

 

光秀・秀吉 ( うわーっ!これはきっつーーーっ!!! )
( TДT) ( TДT)





「こんな茶を飲めるのは天下広しと言えども主らだけであるぞ。心して味わうがよい!」
( ̄ー ̄)ニヤリッ





光秀・秀吉 「ハハーッ、有り難く頂きまする・・・」
(((゚Д゚)))ガタガタ  (((゚Д゚)))ガタガタ





信長 「まずは秀吉からじゃ、さあ、味わうがよい」
( *´∇`)_旦~~





秀吉 (ぐうぅぅわーーー!!!は、吐くんじゃない、わし頑張れ、飲み込むんじゃーっ!)


         メ _|\ _ ヾ、
       メ / u 。 `ー、___ ヽ
      / // ゚ 。 ⌒ 。 ゚ u  / つ
     / //u ゚ (●) u ゚`ヽ。i l わ
     l | | 。 ゚,r -(、_, )(●) / ! ぁぁ
     ヾ ! //「エェェ、 ) ゚ u/ ノ あぁ
     // rヽ ir- r 、//。゚/ く  ああ
   ノ メ/  ヽ`ニ' ィ―' ヽヽヾ  ぁあ





秀吉 「ご、ごんなヴまい茶、こりまでに飲んら事がありまぜぬ!さしが、どのにござりばする(鼻がツーンとして涙が止まらない。舌が痺れて上手く喋れない)」

      _____    
     / ノ' ^ヽ_\
  ゚ / 。;'⌒)  (⌒ヽ\° 
  / o'゚~(___人___)~o°\゜
.  |    ゚ |/⌒ヽ|  ゚    |
  \     ` ⌒ ´    /

 




信長 「ハッハッハ!こやつめ、嬉しさのあまり涙まで流しおって愛い奴じゃ」
( ´∀`)





信長 「さあ、次は光秀に点ぜようぞ」
( *´∇`)_旦~~





光秀 (ぬぐぅおおおお!!!だっ駄目じゃーっ、これは飲めぬー!)


    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ





         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。

 



信長 「光秀ぇぇぇえ!!!うぬはわしが点じた茶を飲めんと申すかぁあああ!」

              ドゴッ!!!

        / ̄ ̄\        // // ////
       /ノ(  ゝ 、_,ノヽ      ___,--、
      | ⌒(( ○)(○)      ( ) ) ) ) )
.      |     (__人__) /⌒l   |    ⌒`i   
       |     ` ⌒´ノ |`'''|  |     '、  |
      / ⌒ヽ       }  |  |  /    /   
     / へ  \    }__/ /  /      |    
   / /  |          ノ ._/       |
   ( _ ノ    |   .   ⌒ヽ_/          }   
         |        _____\    ノ   
         i     / ̄       `ー-''  _
         \_/ /     _/⌒  ⌒\_
          _ノ   /    /:●))(__人__)((● \ グエア!
         (   /    |     |r┬-|      |

 




信長 「わしの好意を無にしおって、この金柑頭めぇぇーーっ!!!」

     / ̄ ̄\   
    /ノ( _ノ  \
    | ⌒(( ●)(●)    
    .|     (__人__) /⌒l
     |     ` ⌒´ノ |`'''|        ドガッ!!!!
    / ⌒ヽ     }  |  |              
   /  へ  \   }__/ /             / ̄ ̄\
 / / |      ノ   ノ           / ●)) ((●\’, ・
( _ ノ    |      \´       _    (   (_人_)’∴ ),  ’
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ   て
       .|                  ______ ノ    (
       ヽ           _,, -‐ ''"  ノ       ヽ   r'" ̄
         \       , '´        し/.. >>@ | J
          \     (           /      |
            \    \         し-  '^`-J

 




茶会後・・・


秀吉 「光秀殿、お気の毒に。プーックックックッ」

                
  ____
                /_ノ  ヽ、_\
         ,. -- 、,  o゚((●)) ((●))゚o 
     ,―<,__    ヽ::::⌒(__人__)⌒::::: \
    /          ヽ  |r┬-|     |   wwwwwww
   __|           }.  | |  |     |  wwwwwww
  / ヽ,       / {   | |  |     |  wwwwwww
  {    Y----‐┬´   、  | |  |     |  wwwwww
 /'、  ヽ    |ー´    ヽ | |  |     |
.{  ヽ  ヽ     lヽ_!´    ヽ`ー'ォ    /
 ',  ヽ  ヽ    ,/     }
  ヽ  ヽ  、,__./    __/
   \  ヽ__/,'  _ /
     \__.'! 〈  _, '
           ̄





光秀 「これは拷問じゃ・・・この屈辱、忘れぬぞ・・・」

             ____
            /      \_
           / /   \( ;:;:;)
         /( ;:;:;:;:;ノ   (=)  \   
        (;:;:;:;;;:;  (__人__)   .:::::)  
        / ||    ` ⌒|||   ,/  
        / / |\/ /  /l |  ̄   
        / /__|  \/ / | |   
       ヽ、//////) /  | |      
        /  ̄ ̄ /   | | 
     ____,/  )--- ヽ   ヽ つ  
    ⊂---― 'ー----'

 

こんな出来事があったかも・・・

 プロフィール 
重家 
HN:
重家
性別:
男性
趣味:
史跡巡り・城巡り・ゲーム
自己紹介:
歴史好きの男です。
このブログでは主に戦国時代・第二次大戦に関しての記事を書き綴っています。
 カウンター 
 アクセス解析 
 GoogieAdSense 
▼ ブログ内検索
▼ カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
▼ 最新CM
[07/24 かめ]
[08/11 重家]
[05/02 通りすがり]
[04/01 芋田治虫]
[06/16 田宮]
▼ 最新TB
▼ ブログランキング
応援して頂くと励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログへ
▼ Amazon