忍者ブログ

宇喜多直家の就職活動

2010.02.06 - お笑い歴史街道
 宇喜多直家(1529年~1581年)

宇喜多直家は謀略、謀殺を駆使して成り上がった戦国屈指の梟雄とされている。直家は備前の戦国大名、浦上宗景に仕える一家臣に過ぎなかったが、並外れた野心と才覚によって頭角を現していった。直家に狙われた者は、次々に謀殺されていった。彼の娘を娶って油断していた時に突如として謀殺されたり、または毒を盛られたり、刺客を送り込まれたりとその手段は様々であった。直家は力を付けてくると、主君、浦上宗景も追放して戦国大名にまで登り詰める。直家は戦国大名となっても、反復常ならない外交姿勢を取って、毛利家や織田家をも翻弄した。


その直家が現在に生まれたとして、就職活動をすると仮定してみた。




面接官 「初めまして直家さん、自己アピールをして頂けますか?」

           / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)     
          |     (__人__)    どうぞ
             |     ` ⌒´ノ   
              |         }    
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::




直家 「私は貴社の業績を上げる、最良の方法を知っています。」
       ____
    /      \          
   /  ─    ─\       
 /    ,(●) (●)、\       フフフ
 |       (__人__)    |    
 \     ` ⌒´   /      
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||




面接官 「それは是非とも聞かせて頂きたいですね!」

            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●) 
          |     (__人__)    
             |     ` ⌒´ノ      ほう!
              |         }    
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::




直家 「な~に簡単ですよ。ライバル会社のお偉いさんを殺っちゃえばいいんです。そうすれば、相手はガタガタになります。競争相手が減って楽になりますよ。」
         ___
       /::::::::::::::::\              
      /:::::─三三─\             
    /:::::::::(○)三(○):\             
   /::::::.:::::::::: (__人__) ::::::::\  /l   
   |::::::::::::::::::::::::::`::⌒´:::::::::::::::| //    フヒヒヒヒ
   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::///
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://
  /:::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::://
  |:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::://
  \::::::::: ̄ ̄ ̄( ̄/
   |`ー―‐、;_;_;_;/:::::::::




面接官 「な、なるほど・・・(こいつ、かなりやばいんじゃない?)」

            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \     
          |    ( ●)(●)     
          | u   (__人__)    
             |  u  ` ⌒´ノ    
              |         }     
              ヽ u      }       
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::




面接官 「と、ところで何か「資格」とかはお持ちですか?」

            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__)   
             |     ` ⌒´ノ    
              |         }
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::




直家 「ええ、「刺客」でしたら一杯持っていますよ。みんな腕が良くて、本当に頼りになります。」
       ____
    /      \
   /  ─    ─\
 /    ,(●) (●)、\     狙った獲物は逃しません
 |       (__人__)    |        
 \     ` ⌒´   /          
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||



面接官 「ほ、ほう、それは頼りになりますね・・・(こいつ暗殺組織のボスか?絶対やばい!)」

            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)    
          | u   (__人__)  
             |  u  ` ⌒´ノ   
              |         }     
              ヽ u      }       
            ヽ、.,__ __ノ           カタカタカタ・・・
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::




直家 「まあ、そう固くならないでください。こちらが緊張してしまいます。リラックスしてください。」
      
     / ̄ ̄ ̄\  
   / ―    ― \
  /  (⌒)  (⌒)  \  
 |     __´___     |    ニコニコ
 \     `ー'´    /     
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||




面接官 「す、すいませんね。風邪を引いたせいか震えが止まらないんですよ。な、直家さん、すぐに連絡を入れますので、自宅で待機して頂けますか?」

            / ̄ ̄\      
          /   _ノ  \     
          |    ( ●)(●)     
          | u   (__人__)  
             |  u  ` ⌒´ノ   
              |         }     
              ヽ u      }       
            ヽ、.,__ __ノ     カタカタカタ・・・
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::




直家 「ええ、分かりました。私の「殺る気」を信じてください!私は殺れば、出来る男なんです。良い返事をお待ちしております。

     / ̄ ̄ ̄\  
   / ―    ― \
  /  (⌒)  (⌒)  \    
 |     __´___     |   では、失礼致します
 \     `ー'´    /     
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.   
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||





直家は自宅に帰った。
そして、しばらく待っていると呼び鈴が鳴った。

ピンポ~ン


直家 「は~い!すぐに出まーす。もしかして採用担当者の方かな?採用されたら下克上して会社を乗っ取り、そして、世界一の暗殺組織に変えてやるぞ!」
        ___
      /      \     
   /          \     ワクワク
  /   ⌒   ⌒   \   夢が広がり~の♪
  |  /// (__人__) ///  |     
. (⌒)              (⌒)
./ i\            /i ヽ




刑事さん 「直家だな?警察の者だ。お前が暗殺組織のボスである事は分かっている。」 
 ┌───┐
 ||\_./||    
  .|.|_ _|.|     
  [^■:=:■^]       両手を出すんだ、直家
  | L。。」 |    
  \/⇔|/_  
 _⊿ 「 ̄/∠\_,
  | | |介⊿|  |  \ 
 | |./|/  |∧  |
  || // 「 ̄し',\|
  ||/ |警 |/\)
   | v /!|   | ./|
   \/   :L___.」 ̄ |



         ___
        / .u   \            
      /((○)) ((○))\                    ・・・
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)       ・・・
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //           ・・・
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /




           |  ハイハイ!
           |  どいてどいてぇ!!
           \_ _______/
              `(
          
              「 ̄ ̄了
              l h「¬丨
       / ̄ ̄\__,ト、Д/____
     /   / ̄Yi. /  jテ、      f ̄ヨ
    /   ./:::' / /  /.i l iー――‐u' ̄
   ./   /ー'' / /  / / l l
   i'  /   l ヽ../  レ'  l l
.  /  _/ \  !、 lヽ____」 l
.  !、/ \. \ \l      ト./
   ト、__\/ト、/ト、  y   l
   l    ̄(  )y )  /l   i
   l   l   Y''/ー'  / .l   l
   !、  l  l./   /  l   l
   /  /  l/   ,/  i'    l
  /_  ./l   l`ー‐〈   ト.__」
  L_``^yト._」、ー"   `ヽ_」
   `ー' `ヽ_」


直家は逮捕された。
PR

Comment

TITLE:
NAME:
MAIL:
URL:
COLOR:
EMOJI: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
Password: ※1
Secret:  管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

TrackBackURL  :
 プロフィール 
重家 
HN:
重家
性別:
男性
趣味:
史跡巡り・城巡り・ゲーム
自己紹介:
歴史好きの男です。
このブログでは主に戦国時代・第二次大戦に関しての記事を書き綴っています。
 カウンター 
 アクセス解析 
 GoogieAdSense 
▼ ブログ内検索
▼ 無断転載禁止
▼ カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
▼ 最新CM
[06/16 田宮]
[05/25 重家]
[09/14 (名前なし)]
[05/14 重家]
[09/09 EMIKA]
▼ 最新TB
▼ バーコード
▼ ブログランキング
応援して頂くと励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログへ
▼ Amazon