忍者ブログ

目が開く掛け軸

2008.11.10 - 歴史の怪奇談
幕末、渡辺金三郎と言う人物がいました。この人は京都町奉行与力を勤め、安政の大獄で志士の逮捕に活躍したとあります。しかし、そういった行動を尊皇攘夷派に見咎められ命を狙われます。(1862年11月14日)近江の旅宿に同心、森孫六・大河原重蔵らと居た所を、人斬り以蔵こと岡田以蔵を含む24人の刺客の乱入を受け、天誅と称されて3人とも殺され、首を晒されます。その際、今で言う検死のためなのか、絵師によって生首の血を顔料に含ませた絵が描かれます。


その絵が、昔、テレビで放映していた目が開く掛け軸です。何故こんな現象が起きたのかは不明ですが、もし、霊と言うものが存在するならば、その無念の姿が人々の好奇の目に晒されたので、怒りの思いで目が開いたのかもしれませんね。 もっとも、この怪奇現象は、話題作りのためのテレビ局のやらせかもしれませんが。しかし、この絵自体は本物なのでしょう。そして、この絵からは非業の死を遂げた金三郎の無念が伝わってきて、鬼気迫るものを感じさせられます。


幕末の事はあまり詳しくないのですが、京都や江戸での尊皇攘夷派の人斬りなどの活動は、テロリストと変わりがなかったように思えます。奉行与力とは現在の警察官のような役割で治安を取り締まっていたとのことです。お気の毒です・・・

↓youtubu動画








PR

Comment

TITLE:
NAME:
MAIL:
URL:
COLOR:
EMOJI: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
Password: ※1
Secret:  管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

TrackBackURL  :
 プロフィール 
重家 
HN:
重家
性別:
男性
趣味:
史跡巡り・城巡り・ゲーム
自己紹介:
歴史好きの男です。
このブログでは主に戦国時代・第二次大戦に関しての記事を書き綴っています。
 カウンター 
 アクセス解析 
 GoogieAdSense 
▼ ブログ内検索
▼ 無断転載禁止
▼ カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
▼ 最新CM
[06/16 田宮]
[05/25 重家]
[09/14 (名前なし)]
[05/14 重家]
[09/09 EMIKA]
▼ 最新TB
▼ バーコード
▼ ブログランキング
応援して頂くと励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログへ
▼ Amazon