忍者ブログ

福井城

福井城は、福井県福井市にある城跡です。


福井の地に最初に大城郭を築いたのは織田家の部将、柴田勝家である。天正3年(1575年)、勝家は、織田信長の命によってこの地に北ノ庄城を築く。しかし、天正11年(1583年)4月、勝家は賤ヶ岳の戦いで敗れて、北ノ庄城諸共滅亡してしまう。その後、丹羽氏、堀氏、青木氏等がこの北ノ庄を支配し、慶長5年(1600年)より徳川家康の次男、結城(松平)秀康が入る。そして、翌慶長6年(1601年)、徳川一門の重鎮が住むに相応しい城を築かんとして、天下普請による大工事が始まる。 6年の歳月をかけて築かれた城郭は、幾重もの水堀が廻らされた広大な平城となった。


中心となる本丸と天守台の石垣は、越前青石とも呼ばれる笏谷石(しゃくだにいし)のみが用いられており、その独特の深みのある天守台の上に、
四層五階の白亜の天守閣がそびえ立っていた。元和10年(1624年)、第三代福井藩主、松平忠昌は北ノ庄を福井に改名する。よって、北ノ庄城も福井城となった。寛文9年(1669年)、天守閣は火災にあって焼失してしまい、以降、再建される事は無かった。福井城は明治以降の都市開発、昭和20年(1945年)の福井空襲、昭和23年(1948年)の福井地震を受けて破壊が進み、現在は本丸を残すのみとなっている。かつての面影を偲ばせるものは青みがかった本丸石垣と、天守台だけである。


福井城
福井城 posted by (C)重家

↑舎人門(とねりもん)

福井市郷土歴史博物館の隣にあります。 かつての福井城の外堀の門で、近年再建されたものです。この水路も復元されたもので、現在、外堀はほぼ消失しています。



福井城
福井城 posted by (C)重家

↑福井城本丸

この正面に、かつては四層五階の天守閣がそびえ立っていました。



福井城
福井城 posted by (C)重家

↑福井城本丸南側

御本城橋が見えます。あの石橋から大手門に繋がります。



福井城
福井城 posted by (C)重家

↑福井城本丸



福井城
福井城 posted by (C)重家

↑本丸内にある結城(松平)秀康の石像

結城秀康は越前福井藩の祖で、福井城を築いた人物でもあります。天正2年(1574年)、秀康は、徳川家康の次男として生まれ、武人としての器量に恵まれていましたが、何故か家康に疎まれて育ちます。そして、将軍職も弟の秀忠に受け継がれ、慶長12年(1607年)、父に先立って、34歳の若さで不遇の生涯を終えます。



福井城
福井城 posted by (C)重家

↑左が天守台跡で、右が控天守台

ここには、天守台を含めて37メートルもの高さの天守閣がありました。



福井城
福井城 posted by (C)重家

↑天守閣図



福井城
福井城 posted by (C)重家

↑控天守台跡

昭和23年(1948年)に起こった福井地震によって、石垣が崩れています。



福井城
福井城 posted by (C)重家

↑本丸石垣

石に掘られた穴や、削られた様な跡は、切り出しの際に付けられたものでしょうか。


福井城
福井城 posted by (C)重家

↑天守台にある井戸の跡

福井の地名は、この井戸からきているそうな。  この本丸跡を見れば、かつての福井城の威容が僅かに偲ばれます。しかし、その遺構のほとんどが破壊され、しかも県庁などのビル群が建ち並んでいるのは残念な事です。
PR

Comment

無題 - 桃源児

2011.05.14 Sat 23:10 URL [ EDIT ]

福井城、何年か前に訪れたことがあります。その時には、だまだ舎人門はなかったです。
地震で崩れたままの石垣、よく覚えています。

ようこそです。 - 管理者からの返答

2011.05.15 Sat 09:11

福井城の遺構は本文にも書いている通り、残念なものでした。しかし、これから本丸のビル群を移転して、そこに伝統工法を用いた天守閣を築いたなら、福井市のシンボルとなるでしょう。ただ、地震で崩れたままの石垣は、後世に語り継ぐためにもそのままの状態で良いかもしれませんね。

TITLE:
NAME:
MAIL:
URL:
COLOR:
EMOJI: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
Password: ※1
Secret:  管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

TrackBackURL  :
 プロフィール 
重家 
HN:
重家
性別:
男性
趣味:
史跡巡り・城巡り・ゲーム
自己紹介:
歴史好きの男です。
このブログでは主に戦国時代・第二次大戦に関しての記事を書き綴っています。
 カウンター 
 アクセス解析 
 GoogieAdSense 
▼ ブログ内検索
▼ 無断転載禁止
▼ カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
▼ 最新CM
[07/28 情報漏洩]
[06/16 田宮]
[05/25 重家]
[09/14 (名前なし)]
[05/14 重家]
▼ 最新TB
▼ バーコード
▼ ブログランキング
応援して頂くと励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログへ
▼ Amazon