忍者ブログ

近江大溝城

大溝城は、滋賀県高島市にある平城である。大溝城は、織田信長の本拠である安土城を守る支城として、また、西近江路と、琵琶湖の水運を抑える目的で築城された。縄張りは明智光秀に手によるものと伝わり、琵琶湖の湖水を取り込んだ壮麗な水城として完成を見る。正確な築城年代は不明であるが、天正6年(1578年)に織田家の一門である津田信澄が、高島郡の支配権を委ねられてから築城が始まったと思われる。津田信澄は、弘治元年(1555年)、織田信長の弟である、織田信行(信勝とも)の嫡男として生まれた。しかし、弘治3年(1557年)、父、信行は謀反を企んだので、信長によって殺され、幼い信澄も殺されるところであったが、信長と信行の生母である土田御前の助命嘆願によって命を助けられた。そして、織田家の重臣、柴田勝家に預けられて養育され、やがて津田氏を称するようになった。この様な経緯はあったものの、信澄には才覚があったのか、信長によって重用され、織田一門の中では、信長の長男信忠、二男信雄、三男信孝、信長の弟の信包に次ぐ地位に位置付けられる様になった。後に、奈良興福寺の僧である多聞院英俊は、信澄の事を「一段の逸物なり」と賞賛している。


天正6年(1578年)、織田家の重臣で近江高島群を支配していた磯野員昌が出奔すると、その後釜として、信澄が高島郡の支配を委ねられた。それからほどなくして、大溝城の築城は始まったと思われる。また、これと前後して信澄は明智光秀の娘を娶っており、その縁もあって、光秀が大溝城の縄張りを行ったのだろう。これで信長は、本拠である安土城を中心として、その北東に羽柴秀吉の長浜城、南西に明智光秀の坂本城、北西に津田信澄の大溝城を配した事になる。これらの新城は共通して琵琶湖に接している事から、信長は琵琶湖の水運を極めて重視していた事が窺える。また、長浜城、坂本城、大溝城は、安土城を守る重要な支城にもなる事から、これらの城に配された部将達は信長によって力量を認められ、その信任を勝ち得た者であったと云えよう。信澄の前途は洋洋に見えたが、天正10年(1582年)にその運命は暗転する。この年、信長は、四国の長宗我部元親を討伐するため、二男の信孝を大将として、副将に丹羽長秀や、津田信澄を付けた遠征軍を編成し、それを大坂に集結せしめた。同年6月2日、まさに四国遠征軍が渡海せんとした時、事は起こった。本能寺の変である。


摂津周辺にあった四国遠征軍はこの報を受けて大いに動揺し、多数の兵が逃亡する事態となった。信孝と長秀は、光秀の娘婿である津田信澄が謀反に荷担するのではないかと疑念を抱き、同年6月5日、大坂天王寺口千貫櫓に攻め寄せて、これを謀殺せしめた。信澄が、実際に謀反に荷担しようとしたのかどうかは不明であるが、その父、信行は、信長に謀反を起こして殺されている経緯もあるので、疑念を抱かれやすい部分はあった。また、信澄殺害は、動揺する自軍の綱紀粛正を図る意味合いもあったのだろう。その首は、堺に晒された。こうして津田信澄は、不運な最後を遂げた。享年28。山崎の戦いを経て、信澄の居城大溝城は、丹羽長秀の持ち城となったが、その後、城主は加藤光泰、生駒親正、京極高次と入れ代わり、元和5年(1619年)に分部光信が大溝領主として入封する。しかし、慶長20年(1615年)徳川幕府による一国一城令を受けて、大溝城は三の丸を除いて取り壊され、分部氏は残った三の丸に陣屋を構え、そこを代々の統治の拠点として明治の世を迎えた。現在、大溝城の遺構のほとんどは失われているが、本丸跡の石垣と、すぐ側にあって、かつては琵琶湖の入り江であった乙女ヶ池が、僅かに往時の水城の面影を残している。


大溝城
大溝城 posted by (C)重家

↑天守台跡


大溝城
大溝城 posted by (C)重家

↑天守台跡

かつては、ここに小振りな天守閣が建っていたのでしょう。この大溝城の縄張りを行ったとされる明智光秀と、その女婿となった津田信澄もこの天守閣に登って、湖を眺めつつ、歓談を交わした事もあったでしょう。


大溝城
大溝城 posted by (C)重家

↑天主台石垣


大溝城
大溝城 posted by (C)重家

↑天守台石垣


大溝城
大溝城 posted by (C)重家

↑天主台正面


大溝城
大溝城 posted by (C)重家

↑天主台と乙女ヶ池

往時には、本丸まで舟で入れた模様です。


大溝城
大溝城 posted by (C)重家

↑乙女ヶ池

この付近はかつて、琵琶湖の入り江でした。この水面に浮かんでいた総石垣の水城は、さぞかし壮麗だったでしょう。

PR

Comment

TITLE:
NAME:
MAIL:
URL:
COLOR:
EMOJI: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
Password: ※1
Secret:  管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
 プロフィール 
重家 
HN:
重家
性別:
男性
趣味:
史跡巡り・城巡り・ゲーム
自己紹介:
歴史好きの男です。
このブログでは主に戦国時代・第二次大戦に関しての記事を書き綴っています。
 カウンター 
 アクセス解析 
 GoogieAdSense 
▼ ブログ内検索
▼ カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
▼ 最新CM
[06/16 田宮]
[05/25 重家]
[09/14 (名前なし)]
[05/14 重家]
[09/09 EMIKA]
▼ 最新TB
▼ ブログランキング
応援して頂くと励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログへ
▼ Amazon