忍者ブログ

篠ノ丸城

篠ノ丸城は、兵庫県宍粟市山崎町にある山城で、山崎町では、黒田官兵衛ゆかりの地として紹介しています。


篠ノ丸城は、南北朝時代の貞和年間(1345~1350)、播磨の守護大名、赤松氏の一族である、赤松顕則によって築かれたと伝わる。戦国期には、赤松氏の一族である宇野氏の支配する所となり、本城である長水城の支城として用いられた。宇野氏は西播磨の宍粟郡一円を支配する、有力な国人で、宇野政頼の時代に最盛期を迎えた。しかし、政頼は、畿内に台頭してきた織田信長に敵対し、その侵攻を受ける事となる。天正8年(1580年)4月、織田家の部将、羽柴秀吉の攻撃を受けて篠ノ丸城は落城し、続く5月には長水城も落城して、宇野一族は悉く討死して滅亡を遂げる。その後、播磨は織田家の分国となり、続いて豊臣家の分国となって、天正12年(1584年)には、黒田官兵衛(孝高)が宍粟郡の領主として入った。官兵衛は山崎の城を居城にしたとされ、これを篠ノ丸城に当てはめる説もあるが、現在残されている遺構を見れば、ここが近世大名の居城であったとは思えない。おそらく、落城当時の姿をそのまま残していると思われる。


篠ノ丸城

篠ノ丸城 posted by (C)重家

↑登山口

篠ノ丸城は、標高325メートルの篠山の山頂に築かれています。山の中腹まで車で行けますが、そこの駐車場からは歩きとなり、山道を15分ほど登ると城跡に着きます。

篠ノ丸城

篠ノ丸城 posted by (C)重家

↑手前が二の丸で、段差の向こうが本丸


篠ノ丸城

篠ノ丸城 posted by (C)重家

↑本丸


篠ノ丸城

篠ノ丸城 posted by (C)重家>

↑本丸側面の郭跡


篠ノ丸城

篠ノ丸城 posted by (C)重家

↑二の丸


篠ノ丸城

篠ノ丸城 posted by (C)重家

↑二の丸


篠ノ丸城

篠ノ丸城 posted by (C)重家

↑畝状堅堀

二の丸側面には、図にあるような縦に掘られた空堀が見られました。


篠ノ丸城

篠ノ丸城 posted by (C)重家

↑篠ノ丸城から南を望む


篠ノ丸城

篠ノ丸城 posted by (C)重家

↑篠ノ丸城から北を望む

正面中央にある山が長水城で、宇野氏はそこを本拠としていました。長水城は、大規模な山城で今でも石垣などが残されています。


篠ノ丸城

篠ノ丸城 posted by (C)重家

↑篠ノ丸城から東を望む。

眼下に広がるのは、山崎の町並みです。羽柴秀吉が長水城攻撃に望んだ時、左側の山の麓辺りに、本陣を置いたと伝わります。それを真っ先に迎え撃ったのが、篠ノ丸城だったのでしょう。しかし、秀吉軍は1万人余はいたはずで、それに対して、篠ノ丸城に篭もっていたのはせいぜい数百人ぐらいでしょう。在りし日にはこの前面で、万余の兵が一斉に雄叫びを上げて、麓から攻め上がって来る光景が広がっていたはずです。篠ノ丸城は、そんな戦国の雰囲気を色濃く残しています。

PR

Comment

TITLE:
NAME:
MAIL:
URL:
COLOR:
EMOJI: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
Password: ※1
Secret:  管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
 プロフィール 
重家 
HN:
重家
性別:
男性
趣味:
史跡巡り・城巡り・ゲーム
自己紹介:
歴史好きの男です。
このブログでは主に戦国時代・第二次大戦に関しての記事を書き綴っています。
 カウンター 
 アクセス解析 
 GoogieAdSense 
▼ ブログ内検索
▼ カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
▼ 最新CM
[06/16 田宮]
[05/25 重家]
[09/14 (名前なし)]
[05/14 重家]
[09/09 EMIKA]
▼ 最新TB
▼ ブログランキング
応援して頂くと励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログへ
▼ Amazon