忍者ブログ
選択したカテゴリの記事一覧

鬼ノ城

鬼ノ城(きのじょう)は、岡山県総社市にある古代山城である。


鬼ノ城の築城年代は、はっきりしていないが、出土した遺物のほとんどが7世紀後半から8世紀初頭の物である事から、7世紀後半に築城されたと見られる。この城は、当時の国際関係の緊張を受けて築城された、国家的事業による城郭である。西暦660年、朝鮮半島南西部にあった国家、百済が唐・新羅連合軍の攻撃を受けて滅亡する。百済の遺臣達は、その後も抵抗して復興運動を続け、その援助を日本の王朝、倭国に求めた。百済と倭国は、長らく友好関係にあった事から、大和朝廷はこの求めに応じ、朝鮮半島に数万の兵を送った。しかし、663年、倭国・百済連合軍は、白村江において、唐・新羅連合軍に破れ、百済復興の夢も潰えた。大和朝廷は、唐・新羅による日本侵攻を警戒して、西日本各地に城を築いた。その城の1つが、鬼ノ城である。


鬼ノ城は、吉備高原南縁、標高397メートルの鬼城山を中心に築かれた。頂部は平坦、斜面は急傾斜で、既に天然の要害の地を成していた。そこに、土塁や石垣を鉢巻状に巡らせて山頂部を囲い込み、その全長は2.8キロに達した。大半は土塁であるが、土を強く押し固めた版築工法によるもので、非常に頑丈で、高さは約6メートルあった。山頂部にあるが、水の湧き出る谷が幾つもあるので、飲料水に困る心配は無い。規模壮大な城門が東西南北、四箇所に設けられ、中心部には、食料貯蔵庫と見られる高床倉庫が設けられ、城内には鉄器を製作、修理する鍛冶工房もあった。その規模を見ると、数千人の長期の篭城が可能であったろう。鬼ノ城の名は史書にこそ載っていないが、国家的事業による築城であったのは間違いない。



鬼ノ城
鬼ノ城 posted by (C)重家

↑鬼ノ城の全体図


鬼ノ城
鬼ノ城 posted by (C)重家

↑西門


鬼ノ城
鬼ノ城 posted by (C)重家

↑西門

ここだけ復元されています。


鬼ノ城
鬼ノ城 posted by (C)重家

↑南を望む

晴れていれば、瀬戸内海や四国も望めるようです。


鬼ノ城
鬼ノ城 posted by (C)重家

↑鍛冶工房跡

築城に使う鉄器を、ここで製作していたそうです。


鬼ノ城
鬼ノ城 posted by (C)重家

↑東門

鬼ノ城
鬼ノ城 posted by (C)重家

↑屏風折れの石垣

ここの石垣が、鬼ノ城の見所の1つです。


鬼ノ城
鬼ノ城 posted by (C)重家

↑屏風折れの石垣

結構な急斜面に築かれています。かなりの難工事だったでしょう。



鬼ノ城
鬼ノ城 posted by (C)重家

↑土塁跡

年月を経ているので、高さはそれほどありませんでしたが、それでも土塁だとはっきり分かりました。


鬼ノ城
鬼ノ城 posted by (C)重家

↑北門

西門から、一周廻って来ました。遺跡見学も良いですが、周りの景色も良かったです。晴れていれば、素晴らしい眺望が得られるでしょう。

PR

彦根城、再訪

彦根城は、滋賀県彦根市にある平山城です。10年程前に一度訪れているので、再訪となります。


慶長5年(1600年)9月、徳川第一の功臣、井伊直政は関ヶ原合戦の功をもって、旧石田三成領18万石と佐和山城を拝領する。直政は、新城を築く事を計画していたが、実行に移す前に関ヶ原の負傷が元で、慶長7年(1602年)に死去した。嫡男の直継が跡を継ぎ、慶長9年(1604年)7月より、彦根山を中心に築城が始まった。慶長11年(1606年)6月、天守閣が築かれ、慶長19年(1614年)には、内堀とそれより内にある建物群と、城下町が完成を見た。慶長20年(1615年)2月、直継は家臣団統制に苦慮していた事から、次弟の直孝に交代させられる。


元和元年(1615年)7月、普請が再開され、元和8年(1622年)、表御殿、黒鉄門、外堀などが築かれ、城下町の拡張も行われて、ここに彦根城は完成を見た。幕末の大老、井伊直弼(1815~1860年)も、この城で生まれ育っている。明治時代、廃城令によって、全国の城が次々に取り壊されていく中、大隈重信の提言を受けて、彦根城の解体は免れた。昭和27年(1952年)、彦根城の天守閣と、附櫓、多聞櫓は国宝に指定され、昭和31年(1956年)には、彦根城は国特別史跡に指定された。


彦根城
彦根城 posted by (C)重家

↑彦根駅前にある井伊直政像


彦根城
彦根城 posted by (C)重家



彦根城
彦根城 posted by (C)重家



彦根城
彦根城 posted by (C)重家

↑玄宮園からの眺め


彦根城
彦根城 posted by (C)重家

↑玄宮園からの眺め


彦根城
彦根城 posted by (C)重家

↑本丸からの眺め 右手の山は、かつての石田三成の居城、佐和山城で、左手の奥に伊吹山が見渡せます。



彦根城
彦根城 posted by (C)重家

↑本丸からの眺め 竹生島が見渡せました。


彦根城
彦根城 posted by (C)重家



彦根城
彦根城 posted by (C)重家



彦根城
彦根城 posted by (C)重家



彦根城の紅葉はなかなか見応えありましたが、現在の彦根城主である、ひこにゃんに出会えなかったのは残念でした。どうも、訪問時間が早過ぎたようです。まあでも、早朝は人が少なくて、ゆったり散策出来ましたし、天守閣にもすんなり入れたので良しとしておきます。




八上城

八上城は、兵庫県篠山市にある山城で、黒井城、八木城と並んで、丹波の三大山城と称されています。



八上城
八上城 posted by (C)重家

↑麓にある春日神社

鳥居をくぐった先に、車が1、2台停めれるスペースがあります。この神社から登り始めます。



八上城
八上城 posted by (C)重家

↑主膳屋敷跡

歴代の当主が住まっていた所です。



八上城
八上城 posted by (C)重家

↑二の丸跡

この先にある土塁が、本丸跡です。



八上城
八上城 posted by (C)重家

↑本丸から西を望む

左下にある山には、法光寺城が築かれていて、八上城の側面防御を担っていました。明智光秀との攻防の折には、ここは占領され、付城とされた模様です。この両城の谷間に城下町があり、その奥にかつての波多野氏の本拠、奥谷城がありました、



八上城
八上城 posted by (C)重家

↑本丸跡



八上城
八上城 posted by (C)重家

↑本丸跡の石垣

この石垣は、明智光秀か豊臣秀吉の統治下にあった時に、築かれたものでしょう。




八上城
八上城 posted by (C)重家

↑本丸から北を望む

眼下にある小島の様な丘陵にも、織田軍の陣所が設けられていました。このどれかが、ロウ山で、光秀の家臣、小畠越前守が守っていましたが、波多野軍に攻め懸けられ討死しました。丹波は霧が深い事で知られており、その霧に乗じて、波多野軍は忍び寄ったのでしょう。



八上城
八上城 posted by (C)重家

↑大堅堀跡

実際、大きな堀切りでした。



八上城
八上城 posted by (C)重家

↑朝路池跡

底が見えていたので、入水自殺をするには無理があると思いました。しかし、この付近は、なにやら重々しい雰囲気が漂っているように感じました。山中では誰一人出会わず、不気味なほど静寂だったので、余計にそう感じました。



篠山城
篠山城 posted by (C)重家

↑八上城遠景

これは、篠山城の本丸からの眺めです。八上城のある高城山は、整った山容をしており、丹波富士とも称されています。    

金沢城

金沢城は、石川県金沢市にある平山城である。


天文15年(1546年)、加賀国を支配していた一向一揆は、統治拠点を設けるべく、犀川と浅野川に挟まれた台地上に、城郭風の寺院、尾山御坊(金沢御堂)を築いた。以降、尾山御坊は本願寺の北陸における一大拠点として用いられ、ここを発した一向一揆軍は、有力戦国大名の朝倉義景や上杉謙信とも戦った。しかし、畿内の覇者、織田信長の攻勢には抗しかね、天正8年(1580年)、織田家部将、佐久間盛政の攻撃を受けて、尾山御坊は落とされた。 戦後、佐久間盛政は功績として加賀半国の統治を委ねられ、尾山御坊を金沢城と改称して本拠に定めた。 天正11年(1583年)4月、賤ヶ岳の戦いで敗れた盛政は5月に刑死し、代わって、能登一国の領主であった前田利家が、金沢城と加賀半国を受け取った。


利家は金沢城を本拠と定めると、新たに堀を穿ち、櫓や郭(くるわ)を増設し、天守閣を築くなどの大改修を加えた。工事はその後も続けられ、前田家の領国拡大と合わせて、城は拡張されていった。慶長4年(1599年)、利家は死去し、長男の利長が跡を継いだ。この利長の時代、前田家は能登、加賀、越中の3カ国、122万5千石を支配する、日本最大の外様大名となった。その後、加賀大聖寺藩10万石、越中富山藩10万石が成立、分与されたので102万石となるが、それでも徳川家に次ぐ実力者である事に変わりはなく、家格も徳川家に次ぐものがあった。そして、金沢城とその城下町は、いわゆる加賀百万石のお膝元として栄え、北陸最大級の都市へと発展する。


しかし、金沢城は火の運が悪いようで、度々、焼失を受けている。

慶長7年(1602年)、落雷を受けて、天守閣と本丸の建物が焼失する。これ以降、天守閣が再建される事は無かった。

元和6年(1620年)、火災を受けて、本丸御殿が焼失する。

寛永8年(1631年)、城下の大火を受けて、再建された本丸御殿が焼失する。これ以降、本丸の機能は二ノ丸に移されていった。

宝暦9年(1759年)、城下の大火を受けて、城内ほぼ全域が焼失する。この火災は城のみならず、城下の90パーセント、10,500戸以上を焼き尽くす大惨事となった。おそらく、千人余の死者と万を超える被災者が出ただろう。このため、加賀藩は幕府より5万両を借用して復興に努めた。

文化5年(1808年)、二ノ丸御殿が出火して、全焼する。

明治4年(1571年)、金沢城は陸軍省の管轄下に入り、師団の司令部が置かれるも、明治14年(1881年)、営所より出火して、再建された二ノ丸御殿、五十軒長屋、橋爪門などが焼失する。


現在、金沢城は、石川県が用地を取得して、史実を尊重しつつ、伝統工法と現在工法を織り交ぜて建物を再建しつつある。



金沢城
金沢城 posted by (C)重家

↑石川門

金沢城の特徴の一つが、この独特な外観の海鼠塀(なまこべい)です。


金沢城
金沢城 posted by (C)重家

↑手前が河北門で、奥が五十軒長屋



金沢城
金沢城 posted by (C)重家

↑河北門から見た五十軒長屋



金沢城
金沢城 posted by (C)重家

↑五十軒長屋


金沢城
金沢城 posted by (C)重家

↑五十軒長屋から見た、三の丸広場


金沢城
金沢城 posted by (C)重家

↑五十軒長屋内部

伝統工法と現代工法の双方が、用いられています。



金沢城
金沢城 posted by (C)重家

↑三十軒長屋

安政5年(1858年)に再建された長屋で、重要文化財に指定されています。



金沢城
金沢城 posted by (C)重家

↑極楽橋付近の石垣



金沢城
金沢城 posted by (C)重家

↑玉泉院庭園

寛永11年(1634年)、三代藩主、前田利常によって作庭された庭園で、その後、歴代藩主によって手が加えられていきました。明治時代に廃絶され、大正時代に池は埋め立てられましたが、平成27年(2015年)、絵図、文献等を参考にして復元されました。


金沢城
金沢城 posted by (C)重家

↑玉泉院庭園と奥に本丸石垣

金沢城を散策するなら、合わせて兼六園や東茶屋街を散策するのをお勧めします。そして、食事は近江市場で取っては如何でしょうか。

但馬八木城

八木城は、兵庫県養父市にある山城である。



八木城の始まりは定かではなく、建久5年(1194年)~正治2年(1200年)頃、但馬国養父郡朝倉を本拠とする、朝倉高清が築いたのが最初とされている。高清は、次男、重清を城主として、同時に八木姓を名乗らせた。尚、この但馬朝倉氏からは更に一派が分かれて、後に越前朝倉氏を築く事になる。南北朝時代、八木氏は、当時、山陰に勢威を振るった山名氏に従って、山名四天王の1人に数えられた。八木氏は但馬を代表する国人の1人となり、八木城も時代が下るに連れ、発展していった。八木城は大きく二つに分かれており、標高409メートルの位置に南北朝時代に築かれたと見られる八木土城があり、それより低い標高330メートルの位置に本丸があり、ここが防御の要となっていた。



戦国時代の八木城は、上下一体で運用され、普段の政務や生活は、麓に築かれた居館で営まれていたと見られる。15代当主、八木豊信(1524~?)の時代になると、400年近くに渡って君臨してきた八木氏にも、戦国の荒波が押し寄せる事になる。当初、豊信は山名氏に従っていたものの、西の毛利家の勢力が強くなると、これに属した。しかし、東の織田家の勢力も強くなると、但馬は両者がせめぎ合う地となり、天正5年(1577年)には、織田家の部将、羽柴秀長の侵攻を受けた。これは何とか凌いだものの、天正7年(1579年)頃、抗しきれないと見て織田家に降参した。


豊信は、羽柴秀吉に属して、因幡国に知行を与えられ、若桜鬼ヶ城の守備を任された。その後の豊信の足取りは不確かで、天正9年(1581年)4月と、天正10年(1582年)2月の2回に渡って津田宗及の茶席に招かれたのが確認されており、また、九州に渡って、島津四兄弟の末弟、島津家久(1547~1587年)に仕えていたのも確認されている。八木城主時代の豊信の花押と、島津仕官時の花押の文字が一致しており、家久の右筆(ゆうひつ・秘書役)として仕えていたようだ。豊信の没年は不明であるが、地味ながら、数奇な生涯を辿ったと言えよう。



天正13年(1585年)、羽柴秀吉の命を受け、別所重棟が八木城に入り、1万2千石を領した。この別所時代、八木城は近代改修され、石垣が施された。天正19年(1591年)、重棟は死去し、嫡男の吉治が継いだ。文禄元年(1592年)、吉治は、朝鮮出兵に従って3千石を加増され、1万5千石となった。慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いの折には西軍に従って、丹後田辺城の攻撃に加わり、これを落とすのに貢献した。しかし、関ヶ原本戦は東軍の勝利に終わり、吉治は改易の危機に瀕するも、許されて丹波の北由良に転封となった。これに伴い、八木城も廃城となった。



但馬八木城
但馬八木城 posted by (C)重家

↑見張り所の様な跡

登城口から、しばらく登るとあります。



但馬八木城
但馬八木城 posted by (C)重家

↑本丸跡

本丸からの眺望は、木々に阻まれてほとんど望めませんでした。



但馬八木城
但馬八木城 posted by (C)重家

↑本丸跡と石仏

左奥の山が、八木土城です。



但馬八木城
但馬八木城 posted by (C)重家

↑南面の石垣



但馬八木城
但馬八木城 posted by (C)重家

↑北面の石垣

ここから北の山を登っていくと、八木土城に繋がります。


但馬八木城
但馬八木城 posted by (C)重家

↑八木土城

段丘状になっていて、郭が連なっているのが分かります。



但馬八木城
但馬八木城 posted by (C)重家

↑八木土城、最高所

ここが八木城の最高所で、今でも土塁がはっきりと残っています。



但馬八木城
但馬八木城 posted by (C)重家

↑八木城北面

北面は切り込んだ谷と山があるので、こちらからの攻撃はまず無理でしょう。



但馬八木城
但馬八木城 posted by (C)重家

↑八木城南面

南面はやや開けており、ここに小さな城下町がありました。南面には、血の谷と呼ばれる場所があって、かつて羽柴秀長軍と八木城の城兵が戦って、両軍の戦死者で真っ赤に染まったとのいわれがあります。やはり、攻城軍は、南から攻めてきたのでしょう。



但馬八木城
但馬八木城 posted by (C)重家

↑麓から見た八木城

八木城は、山間の小大名の居城であったので、それに見合った小振りな造りですが、八木土城と合わせるとそこそこの規模になります。

 プロフィール 
重家 
HN:
重家
性別:
男性
趣味:
史跡巡り・城巡り・ゲーム
自己紹介:
歴史好きの男です。
このブログでは主に戦国時代・第二次大戦に関しての記事を書き綴っています。
 カウンター 
 アクセス解析 
 GoogieAdSense 
▼ ブログ内検索
▼ 無断転載禁止
▼ カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
▼ 最新CM
[06/16 田宮]
[05/25 重家]
[09/14 (名前なし)]
[05/14 重家]
[09/09 EMIKA]
▼ 最新TB
▼ バーコード
▼ ブログランキング
応援して頂くと励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログへ
▼ Amazon