忍者ブログ

宇佐山城

宇佐山城は、滋賀県大津市にある山城です。

築城にあたったのは織田信長の部将、森可成で、当時の先進技術である石垣をふんだんに用いた堅固な城でした。完成したのは元亀元年(1570年)頃ですが、それ以前から築城は始まっていました。そして、この宇佐山城は、織田信長が朝倉義景に攻め入られた際の危機を救う事になります。この城は必要とする時期に間に合い、必要とされる役割を十分に果たしました。



宇佐山城
宇佐山城 posted by (C)重家

↑宇佐山城への登山口

宇佐山城へは、山腹にある宇佐八幡宮の脇から行く事が出来ます。ここからは城跡まで急坂が続くので、暑い季節には飲み物を持参する方が良いでしょう。


宇佐山城
宇佐山城 posted by (C)重家

↑山腹にある削平地

城跡まで立て札が設置されているので、迷う事はないでしょう。


宇佐山城
宇佐山城 posted by (C)重家

↑本丸


本丸跡にはテレビ塔が建っていました。古城にこのような近代的な建造物が建っていると興が削がれますが、麓から見た場合、良い目印にはなります。


宇佐山城
宇佐山城 posted by (C)重家

↑本丸跡

かつては、ここに織田家部将の森可成が主将として在城しており、朝倉、浅井家との対陣時や、比叡山焼き討ち時には、織田信長もこの城に入っていたと思われます。


宇佐山城
宇佐山城 posted by (C)重家

↑本丸石垣


宇佐山城
宇佐山城 posted by (C)重家

↑本丸石垣


宇佐山城
宇佐山城 posted by (C)重家

↑本丸北面

宇佐山城が急峻な斜面の上に建っているのが、目で見て理解できました。


宇佐山城
宇佐山城 posted by (C)重家

↑本丸付近から比叡山を望む

元亀元年(1570年)の9月24日から、12月14日にかけて、この宇佐山城周辺に陣取る織田軍と、比叡山に立て篭もる朝倉、浅井軍とが睨みあっていました。往時には
比叡山の峰々に朝倉、浅井軍の旗指物が立ち昇り、信長はそれを宇佐山城から憎々しげに眺めた事でしょう。


宇佐山城
宇佐山城 posted by (C)重家

↑宇佐山城と比叡山

左側の電波塔がある山が宇佐山城で、右の大きな山体が比叡山です。その比叡山の麓には、かつて、明智光秀が築いた幻の名城、坂本城もありました。


比叡山
比叡山 posted by (C)重家

↑比叡山延暦寺

宇佐山城築城の大きな目的の一つが、戦国の大寺社、延暦寺を監視する事でしたが、延暦寺が討滅され、麓に坂本城が築かれるに至って、その役割を終える形となりました。
PR

Comment

TITLE:
NAME:
MAIL:
URL:
COLOR:
EMOJI: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
Password: ※1
Secret:  管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
 プロフィール 
重家 
HN:
重家
性別:
男性
趣味:
史跡巡り・城巡り・ゲーム
自己紹介:
歴史好きの男です。
このブログでは主に戦国時代・第二次大戦に関しての記事を書き綴っています。
 カウンター 
 アクセス解析 
 GoogieAdSense 
▼ ブログ内検索
▼ カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
▼ 最新CM
[06/16 田宮]
[05/25 重家]
[09/14 (名前なし)]
[05/14 重家]
[09/09 EMIKA]
▼ 最新TB
▼ ブログランキング
応援して頂くと励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログへ
▼ Amazon