忍者ブログ

岩村城

岩村城は、岐阜県恵那市岩村町にある山城です。この城は標高721メートルの地点に建てられており、日本三大山城(大和高取城、備中松山城)の一つとされています。


iwamurajyou2_.jpg








↑本丸石垣

岩村城は標高が高い所に建っているので、登るのはさぞかし難儀するだろうと思っていましたが、車で本丸近くにある駐車場まで行けたので、そこに車を置くと、歩いて5分程で本丸までたどり着きました。



iwamurajyou3_.jpg








↑本丸埋門



iwamurajyou13_.jpg








↑本丸石垣

岩村城は、立派な石垣がある事で有名ですが、戦国時代に織田家と武田家が激しい争奪戦を繰り広げた場所としても有名です。


iwamurajyou4_.jpg








↑本丸跡

岩村城は遠山景任→秋山虎繁(信友)→川尻秀隆→森乱丸・長可・忠政→田丸直昌→松平氏→丹羽氏→松平氏と目まぐるしく城主が入れ替わっています。武田勝頼や織田信長、信忠も一時、在城したものと思われます。往時には、これらの武将達もこの本丸跡にいたのでしょう。


iwamurajyou14_.jpg








↑曲輪跡

この曲輪は中世に築かれたもので、戦国時代の息吹を感じさせられる遺構です。


iwamurajyou12_.jpg








↑本丸石垣

岩村城は、川尻秀隆の時代に大修築され、その後、城主と時代が変わる毎に石垣が増改築されていきました。



iwamurajyou10_.jpg








↑六段に積まれた本丸石垣



iwamurajyou8_.jpg








↑岩村城の井戸(霧ヶ井)



iwamurajyou7_.jpg








↑岩村城からの眺め

天正3年(1575年)、秋山虎繁を主将とする武田軍を、織田信忠率いる数万の大軍がこの岩村城を包囲しています。往時には、周辺をびっしりと織田軍の旌旗(せいき)や逆茂木(さかもぎ)が立ち並んでいたのでしょう。その時の織田軍包囲の遺構が、周辺の山林にまだ残っているかもしれません。

岩村城の周辺には、趣のある農村が広がっていて、何だか懐かしい思いに駆られます。また、こぢんまりとした城下町もあります。おそらく昔とさほど変わっていない光景なのでしょう。


武田家、織田家による岩村城の攻防に関しては、こちらへどうぞ
PR

Comment

TITLE:
NAME:
MAIL:
URL:
COLOR:
EMOJI: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
Password: ※1
Secret:  管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

TrackBackURL  :
 プロフィール 
重家 
HN:
重家
性別:
男性
趣味:
史跡巡り・城巡り・ゲーム
自己紹介:
歴史好きの男です。
このブログでは主に戦国時代・第二次大戦に関しての記事を書き綴っています。
 カウンター 
 アクセス解析 
 GoogieAdSense 
▼ ブログ内検索
▼ 無断転載禁止
▼ カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
▼ 最新CM
[06/16 田宮]
[05/25 重家]
[09/14 (名前なし)]
[05/14 重家]
[09/09 EMIKA]
▼ 最新TB
▼ バーコード
▼ ブログランキング
応援して頂くと励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログへ
▼ Amazon