忍者ブログ

因幡若桜城

若桜城(わかさじょう)は、鳥取県八頭群若桜町にある標高445メートルの山城です。鬼ヶ城とも称される険しい城ですが、現在は林道を伝って、車で山頂近くまで行けます。


若桜城の築城年代は不明で、正治2年(1200年)頃、この地に赴任してきた駿河の豪族、矢部氏によって城砦が築かれた模様である。若桜城は播磨と因幡との国境にあり、街道を制する位置にある。そのため、戦国期には度々、争奪戦の的となった。天正3年(1575年)には、尼子再興を目指す、山中鹿之助の拠点としても、用いられた。しかし、翌天正4年(1576年)、吉川元春の攻撃によって、山中鹿之助は若桜城から追い落とされた。天正6年(1578年)、織田家の部将、羽柴秀吉による中国攻めが開始されると、この若桜城も落とされ、因幡攻略のための拠点とされた。


天正9年(1581年)、毛利方の鳥取城が落城し、因幡が平定されると、秀吉の部将、木下重堅が2万石の若桜城主として入った。その後、重堅は城を大規模に改修し、総石垣の近世城郭に改めた。慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで西軍側に属した重堅が自刃すると、代わって山崎家盛が2万5千石で入封した。元和3年(1617年)、山崎家二代目、家治は移封され、代わって池田光政が因幡、伯耆の2ヶ国32万5千石の領主となって入封する。しかし、光政は鳥取城を居城とし、一国一城令もあったため、若桜城はほどなくして廃城となった。



wz8.jpg










↑馬場


wz1.jpg












wz2.jpg












wz7.jpg










↑崩れた石垣

若桜城の石垣は所々で崩れていますが、これは自然によるものではなく、廃城時に人為的に崩されたものです。


wz6.jpg










↑曲輪


wz3.jpg










↑上が本丸


wz5.jpg










↑天守台跡


wz4.jpg










↑砕けた瓦

かつては立派な建物が立っていたのでしょう。


wz10.jpg










↑若桜城からの眺め

眼下に広がるのは、若桜の城下町です。

wz9.jpg










↑若桜城からの眺め

右手奥の道は、旧播磨国へと通じています。秀吉もここから進軍してきたのでしょう。
PR

Comment

TITLE:
NAME:
MAIL:
URL:
COLOR:
EMOJI: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
Password: ※1
Secret:  管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
 プロフィール 
重家 
HN:
重家
性別:
男性
趣味:
史跡巡り・城巡り・ゲーム
自己紹介:
歴史好きの男です。
このブログでは主に戦国時代・第二次大戦に関しての記事を書き綴っています。
 カウンター 
 アクセス解析 
 GoogieAdSense 
▼ ブログ内検索
▼ カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
▼ 最新CM
[06/16 田宮]
[05/25 重家]
[09/14 (名前なし)]
[05/14 重家]
[09/09 EMIKA]
▼ 最新TB
▼ ブログランキング
応援して頂くと励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログへ
▼ Amazon