忍者ブログ

[PR]

2020.03.30 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

鶉野飛行場(うずらのひこうじょう)と紫電改

鶉野飛行場は、兵庫県加西市にある、旧日本軍が建設した飛行場である。



昭和17年(1942年)9月、練習航空隊の設置が決まり、翌昭和18年(1943年)3月より建設工事が始まる。同年10月1日、姫路海軍航空隊が開隊され、同年10月8日より、飛行訓練が始まる。昭和19年(1944年)6月、鶉野にて、川西航空機の組立工場が建設され、姫路製作所から運ばれて来た機材の組立が始まる。そして、局地戦闘機、紫電466機、紫電改44機が組み立てられて、試験飛行を行った後、各地の前線飛行場へと運ばれていった。



昭和20年(1945年)2月10日、姫路海軍航空隊の教官や訓練生から、神風特別攻撃隊が編成され、姫路城の別名「白鷺城」にちなんで、「白鷺(はくろたい)」と命名された。同年3月23日、白鷺隊は大分県の宇佐海軍航空隊に移動し、更に鹿児島県の串良基地へと進出した。そして、同年4月6日より始まった第一号~第六号菊水作戦に加わって、21機63名の若き搭乗員が散っていった。同年8月15日、終戦を迎えてほどなく、飛行場は閉鎖された。



現在、滑走路は道路によって分断されているが、現状をよく留めており、掩体壕、戦闘指揮所、対空機銃座、防空壕なども残されている。令和元年(2019年)6月より、敷地内にある防災備蓄倉庫にて、紫電改の実物大模型の展示が始まった(屋外展示は毎月第1日曜、第3日曜、展示時間10~15時)。




紫電改
紫電改 posted by (C)重家

↑鶉野飛行場跡




紫電改
紫電改 posted by (C)重家

↑平和記念の碑




紫電改
紫電改 posted by (C)重家

↑紫電改の実物大模型


紫電改を一見して思ったのは、機体は大柄なのにプロペラ直径が小さいと感じたことです。プロペラ直径を長くすれば、もっと高性能が発揮できたのではと?想像しました。


紫電改のプロペラ直径は3・3m

アメリカ海軍のF6Fヘルキャット戦闘機のプロペラ直径は3・99m



紫電改
紫電改 posted by (C)重家

↑紫電改の実物大模型

ややアップ




紫電改
紫電改 posted by (C)重家

↑紫電改の実物大模型

エンジンを最大直径として、そこから胴体を絞り込んでいるのが分かります。




紫電改
紫電改 posted by (C)重家

↑紫電改の実物大模型




紫電改
紫電改 posted by (C)重家

↑紫電改実物大模型




川西 局地戦闘機 紫電改 性能要目


乗員1名

全長9・37m

全幅11・99m

発動機1990馬力

最高速度644km

航続距離(正規)1,715km (増槽装着時)2,392km

自重2,657kg 正規全備重量3,800kg

武装20mm機銃4挺(携行弾数内側各200発、外側各250発)

爆装 250kg爆弾2発 60kg爆弾2発

生産機数415機



紫電改は、局地戦闘機、紫電の改良型として昭和18年(1943年)1月から設計が始まり、昭和20年(1945年)1月に制式化された。前身となった紫電は、水上戦闘機、強風を母体として開発された。制作元の川西によれば、強風を陸上機化すれば、短期間で高性能戦闘機を実戦化出来るとの触れ込みであった。そうして開発された紫電11型であったが、発動機、プロペラの不調に加え、主翼の中翼配置による視界不良、二段引き込み脚の故障に伴う着陸時の事故、計画値653kmを下回る570kmの速度性能など、期待を大きく裏切る出来であった。しかし、アメリカ軍が次々に新鋭機を投入している状況下、他に候補機も無かった事から紫電は制式化された。


川西は紫電の量産を進める一方、その改修型の開発も進め、主翼を低翼配置として視界を改善、胴体をより細い断面形として速度性能を向上、部品点数を紫電の2/3減らして工数を削減、主脚変更による着陸性能向上、主翼と胴体内燃料タンクの防弾化、これらの改造によって実用性は大きく向上する。テスト飛行の結果も上々で、本機は紫電21型(通称、紫電改)と命名される。海軍はこの結果を受けて、本機を最重点機種に選定し、大増産計画を立てる。しかし、工場の被爆を受けて、400機強が生産されるにとどまった。紫電改の登場は遅きに失したが、零戦ではまるで歯が立たなかった、アメリカ海軍の新鋭戦闘機F6Fとも互角に渡り合える、日本海軍希望の星であった。また、紫電改を集中配備した第三四三航空隊は、四国松山を基地として、圧倒的なアメリカ軍相手に奮戦し、日本海軍航空隊の最期の華を飾った。

PR

Comment

TITLE:
NAME:
MAIL:
URL:
COLOR:
EMOJI: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
Password: ※1
Secret:  管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
 プロフィール 
重家 
HN:
重家
性別:
男性
趣味:
史跡巡り・城巡り・ゲーム
自己紹介:
歴史好きの男です。
このブログでは主に戦国時代・第二次大戦に関しての記事を書き綴っています。
 カウンター 
 アクセス解析 
 GoogieAdSense 
▼ ブログ内検索
▼ カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
▼ 最新CM
[07/24 かめ]
[08/11 重家]
[05/02 通りすがり]
[04/01 芋田治虫]
[06/16 田宮]
▼ 最新TB
▼ ブログランキング
応援して頂くと励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログへ
▼ Amazon