忍者ブログ

飛騨松倉城

飛騨松倉城は、岐阜県高山市にある山城である。


松倉城は、天正7年(1579年)、飛騨の戦国大名、姉小路頼綱(あねがこうじ よりつな)によって築かれた。天文9年(1540年)、頼綱は、飛騨南部を支配していた三木良頼の嫡男として生まれる。頼綱も当初は、三木と名乗っていたが、父の政治活動によって、飛騨国司、姉小路氏の名跡を得ると、姉小路頼綱と名乗るようになった。元亀元年(1570年)2月、頼綱は上洛して、織田信長と誼(よしみ)を通じたが、同時に上杉謙信にも通じて、両属する姿勢を取っていた。だが、天正6年(1578年)3月、謙信が病没すると、頼綱は上杉家から離れ、同年10月の織田家による、越中侵攻に協力した。


天正7年(1579年)、頼綱は飛騨を統一すべく、大きく動き出す。まずは、松倉城を築いて、ここを新たな本拠と定めた。続いて、織田家の力を後ろ盾として、親上杉派の国人達を討ち滅ぼしていった。また、この年、頼綱は、長男である、姉小路信綱に謀反の疑いをかけて謀殺したとされている(1583年の出来事とも)。だが、飛騨北部にはまだ、最大の競争相手である、江馬輝盛が残っていた。天正10年(1582年)6月、織田信長が横死すると、輝盛は挙兵して、飛騨の覇権を賭けて、頼綱に決戦を挑んだ。両軍の兵数は不明だが、江戸時代の軍紀「飛州軍乱記」によれば、姉小路方1,000人、江馬方は300人であったと云う。勢力的に見て、姉小路方が上回っていただろう。


同年10月26日午前2時、兵力で劣る江馬軍は機先を制して、姉小路方の支城、小島城に夜襲を仕掛けた。だが、案に相違して激しく応戦され、江馬軍は退却する。翌日、頼綱は江馬軍を追って進軍、八日市にて両軍は激突し、2時間余りの戦闘の後、輝盛を討ち取った。更に、江馬氏の本拠、高原諏訪(たかはらすわ)城をも落とし、頼綱の飛騨統一は大きく前進する。翌天正11年(1583年)、頼綱は仕上げとして、実弟の鍋山顕綱を暗殺(この時に、長男の信綱を暗殺したとも)、更に同盟者であった広瀬宗域も攻め滅ぼし、ここに頼綱の飛騨統一は(白川郷の内ヶ島氏を除き)、完成を見る。そして、頼綱は、家督と松倉城を次男の秀綱に譲り、自らは北方の広瀬城に居を定めた。


天正12年(1584年)、豊臣秀吉と、徳川家康、織田信雄との対決、小牧・長久手の戦いが起きると、頼綱は越中の同盟者、佐々成政と共に、徳川、織田陣営に付いた。しかし、織田信雄が秀吉と単独講和してしまい、徳川家康もそれに続くと、頼綱と佐々成政は孤立してしまう。天正13年(1585年)7月、秀吉は自ら大軍を率いて、越中の佐々成政を攻め立て、飛騨の頼綱には、部将の金森長近の軍を差し向けた。二方面から進軍して来る金森軍に対し、頼綱は各支城に一族、重臣を篭めて待ち受けた。


姉小路方は防戦に務めたものの、衆寡敵せず、次々に支城は落ちていった。広瀬城も攻め立てられ、頼綱は降伏する。一方、嫡男の秀綱は降伏を良しとせず、松倉城に篭もって、尚も抵抗を続けた。だが、同年8月、秀綱は、守り切れないと見て城を落ち延び、信濃を目指さんとした。秀綱と夫人は険しい山中の道に分け入り、標高1790メートルの安房峠(あぼうとうげ)を越え、ようやく信濃の地に入った。


だが、山深い角ヶ平の地にて、住民の落ち武者狩りに遭い、夫妻諸共、殺された(夫妻は二手に分かれて進み、それぞれの地で最後を遂げたとも)。秀綱と夫人の逃避行は、幾つかの伝説を残し、その遺品は、現在にまで伝えられている。一方、頼綱は助命され、京都に幽閉された。しかし、大名としての、姉小路氏はここに滅亡する。頼綱が生涯を費やし、更に血族をも犠牲にして成し遂げた飛騨統一は、脆くも崩れ去った。天正15年(1587年)、姉小路頼綱、死去。享年48。


頼綱の夢の跡、松倉城であるが、その後、金森長近の支配する所となり、石垣を有する織豊系城郭へと変貌を遂げた。だが、天正16年(1588年)、長近が新たに高山城を築き、そこを居城とした事から、廃城となった。























↑本丸石垣




↑本丸



↑本丸から北東を望む





↑本丸から北西を望む





↑本丸から南を望む





↑南石門跡



松倉城からは、高山盆地を一望する事が出来ます。ここから、眼下を見渡したなら、少しばかり飛騨の支配者になった気持ちがするでしょう。

PR

Comment

TITLE:
NAME:
MAIL:
URL:
COLOR:
EMOJI: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
Password: ※1
Secret:  管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
 プロフィール 
重家 
HN:
重家
性別:
男性
趣味:
史跡巡り・城巡り・ゲーム
自己紹介:
歴史好きの男です。
このブログでは主に戦国時代・第二次大戦に関しての記事を書き綴っています。
 カウンター 
 アクセス解析 
 GoogieAdSense 
▼ ブログ内検索
▼ カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
▼ 最新CM
[08/11 重家]
[05/02 通りすがり]
[04/01 芋田治虫]
[06/16 田宮]
[05/25 重家]
▼ 最新TB
▼ ブログランキング
応援して頂くと励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログへ
▼ Amazon